セブ島留学の魅力は5つに凝縮されます。

マンツーマンが中心

セブ島の語学学校では欧米や日本のような10人以上を一人の先生が教えるという、
講義スタイルでの授業ではなく、『1:1』をメインにした授業を行うカリキュラムを組んでいます。ほとんどの学校では『1:1』が授業の7割ほどを占め、残りの3割の授業を『1:4』や『1:8』で行っています。少人数の授業なので、生徒一人一人の発言や質問をする機会を多く設けることができ、確実に英語の上達を目指す事ができます。日本人が一番苦手としている「話す・聞く」をのばす事が可能ですので、フィリピン留学から帰る頃には個人差はあるものの、多くの人が英語を話せるようになって帰ります。

フィリピン人の英語力、実力は凄い

フィリピンはなんとアメリカ、イギリスに続いて世界第3位の英語を話す人口が多い
国です。 当然ながら英語力、英語普及率は世界トップクラスです。ファーストフード店やタクシー・ガードマンから飛行場などの至る所で英語が使われており、その高
い英語力は、現在世界中の大手企業がフィリピンに多数コールセンターを作っているという事実からも窺い知る事ができるでしょう。ちなみにネイティブの英語力としてはフィリピンは世界No.1です。アメリカ育ちの非・ネイティブ(日本人やヨーロッパ人)よりも、フィリピン人の方がキレイな発音をすると世界が認めているのです。

格安で費用対効果が高い!

格安で費用対効果の高い留学は誰でもチャレンジ可能です!
セブ島留学が格安なのには理由があります。セブ島の物価は日本の1/5程度です。だから衣食住が日本と比べるとかなり安くなり、1ヶ月数万円で生活が可能です。
当然ながら先生の人件費も日本の数分の一になるので、多くのマンツーマンレッスンを受ける事が可能になるのです。だからといって講師の質が落ちる事はありません。
なんといっても セブ島において講師の仕事は憧れの仕事なので、講師は一生懸命勉強し、毎日留学生に接してくれます。
日本からセブ島までの飛行機代も、アメリカやヨーロッパに比べて半分程で移動可能です。直行便に乗る事が出来れば、わずか4時間で移動できます。
時差が1時間しか無いのも助かりますね。

フィリピン第2の都市でありながら、世界有数のリゾート地!

セブ島はフィリピン第2の都市でありながら、世界有数のリゾート地!
太平洋に浮かぶ7000を超える島々で構成されるフィリピンは、日本からも近く温暖で、豊かな自然がある国です。
その中でもアジアでも屈指のプレミアムリゾート地が数多くあるセブ島は治安が安定しています。語学学校が多くある都市部や、移住やロングステイの多いリゾート地では政府も治安維持に徹底しておりますので、一般的な防犯対策さえ守っていれば心配はありません。また休日の娯楽としてダイビングやゴルフ、アイランドホッピングなども楽しめます。特にスクールメイトと一緒に出かける白浜の海などは一生の思い出となるでしょう。

格安で費用対効果が高い!

一般的に留学は語学系の大学生や、エリートサラリーマンが転職前に行うものですが、セブ島留学に関しては全くそんな事はありません。
いち早く英語の習得を目指す小学生から、老後は生活費が安い外国に移住する予定の御高齢の方まで、多くの人を受け入れ可能です。
学校によってはベビーシッターを用意出来る学校もございますので、小さなお子さんをもつお母さんもお子さんと一緒に留学できます。
そして現在、世界一周前にフィリピンで英語を勉強してくるという若者も増えています。フィリピンで英語を学べば、そのまま世界に飛び出す事が可能です。
海外旅行をもっと楽しみたいという主婦の方にもお勧めです。英語を学ぶ事によって、添乗員なしの個人旅行をすることが可能になりますので、
世界中どこへでも行く事ができます。また、人生をリラックスする為に留学にくるサラリーマンも多く見られます。語学学校に入れば、たとえ何歳であっても学生です。
日本での肩書きを捨てて、思う存分学生時代に戻って勉強する事が出来ますからね。



セブ島留学の魅力は5つに凝縮されます。
マンツーマンが中心
セブ島の語学学校では欧米や日本のような10人以上を一人の先生が教えるという、講義スタイルでの授業ではなく、『1:1』をメインにした授業を行うカリキュラムを組んでいます。ほとんどの学校では『1:1』が授業の7割ほどを占め、残りの3割の授業を『1:4』や『1:8』で行っています。
少人数の授業なので、生徒一人一人の発言や質問をする機会を多く設けることができ、確実に英語の上達を目指す事ができます。
日本人が一番苦手としている「話す・聞く」をのばす事が可能ですので、フィリピン留学から帰る頃には個人差はあるものの、 多くの人が英語を話せるようになって帰ります。

フィリピン人の英語力、実力は凄い
フィリピンはなんとアメリカ、イギリスに続いて世界第3位の英語を話す人口が多い国です。
当然ながら英語力、英語普及率は世界トップクラスです。ファーストフード店やタクシー・ガードマンから飛行場などの至る所で英語が使われており、その高い英語力は、現在世界中の大手企業がフィリピンに多数コールセンターを作っているという事実からも窺い知る事ができるでしょう。
ちなみにネイティブの英語力としてはフィリピンは世界No.1です。アメリカ育ちの非・ネイティブ(日本人やヨーロッパ人)よりも、フィリピン人の方がキレイな発音をすると世界が認めているのです。
格安で費用対効果が高い!
格安で費用対効果の高い留学は誰でもチャレンジ可能です!
セブ島留学が格安なのには理由があります。セブ島の物価は日本の1/5程度です。だから衣食住が日本と比べるとかなり安くなり、1ヶ月数万円で生活が可能です。
当然ながら先生の人件費も日本の数分の一になるので、多くのマンツーマンレッスンを受ける事が可能になるのです。
だからといって講師の質が落ちる事はありません。
なんといっても セブ島において講師の仕事は憧れの仕事なので、講師は一生懸命勉強し、毎日留学生に接してくれます。
日本からセブ島までの飛行機代も、アメリカやヨーロッパに比べて半分程で移動可能です。直行便に乗る事が出来れば、わずか4時間で移動できます。
時差が1時間しか無いのも助かりますね。
フィリピン第2の都市でありながら、世界有数のリゾート地!

太平洋に浮かぶ7000を超える島々で構成されるフィリピンは、日本からも近く温暖で、豊かな自然がある国です。
その中でもアジアでも屈指のプレミアムリゾート地が数多くあるセブ島は治安が安定しています。語学学校が多くある都市部や、 移住やロングステイの多いリゾート地では政府も治安維持に徹底しておりますので、一般的な防犯対策さえ守っていれば心配はありません。
また休日の娯楽としてダイビングやゴルフ、アイランドホッピングなども楽しめます。
特にスクールメイトと一緒に出かける白浜の海などは一生の思い出となるでしょう。

格安で費用対効果が高い!
一般的に留学は語学系の大学生や、エリートサラリーマンが転職前に行うものですが、セブ島留学に関しては全くそんな事はありません。
いち早く英語の習得を目指す小学生から、老後は生活費が安い外国に移住する予定の御高齢の方まで、多くの人を受け入れ可能です。学校によってはベビーシッターを用意出来る学校もございますので、小さなお子さんをもつお母さんもお子さんと一緒に留学できます。
そして現在、世界一周前にフィリピンで英語を勉強してくるという若者も増えています。
フィリピンで英語を学べば、そのまま世界に飛び出す事が可能です。
海外旅行をもっと楽しみたいという主婦の方にもお勧めです。
英語を学ぶ事によって、添乗員なしの個人旅行をすることが可能になりますので、世界中どこへでも行く事ができます。
また、人生をリラックスする為に留学にくるサラリーマンも多く見られます。語学学校に入れば、たとえ何歳であっても学生です。
日本での肩書きを捨てて、思う存分学生時代に戻って勉強する事が出来ますからね。