セブ島留学まとめ

ジュニアキャンプ選び5つのポイント!

更新日:2016年12月26日

セブ島留学(フィリピン留学も含め)のジュニアキャンプはとてもおすすめですが、沢山の学校、沢山の情報の中からどのように選べば良いのでしょうか?

「こんな学校なら、おすすめです」という条件を5つ書き出してみました。

1、校舎と寮が一体型になっている学校

校舎と寮が一体型になっている学校では、通学のために外出する必要がありません。どの語学学校も安全には十分に気を配っていますが、それでもやはり早朝や夕方の通学は不安が1%も無い訳ではありません。子供の安全・安心のためには通学が無い環境を選ぶのをおすすめします。

2、外国人が沢山いる学校

色々な国から外国のお友達が来ている学校であれば、友達との会話は英語になります。子供同士が一緒に遊んだりふざけたりするのも全て英語になるので、遊びがそのまま英語の勉強になります。フィリピン人先生のマンツーマンレッスンと授業時間外の英語使用により、より一層英語学習が進みます。

※現在は、韓国・台湾・中国・ベトナムの子供たちもフィリピンで英語を学習しています。

3、歴史と実績がある

学校は簡単につくる事ができますが、先生はすぐに育てる事はできません。優秀な先生を揃えるためには、先生たちを社員として雇用し、トレーニングを続け、実際の授業で経験を積んでもらわなければなりません。キレイな校舎の新設校も魅力的ですが、先生たちの実力が伴っていない場合もあります。10年以上の実績がある学校であれば、間違いありません。

4、講師のトレーニングを定期的に行なっている

講師のトレーニングはとても大事ですが、その頻度は学校ごとに違います。そしてその内容も全く違います。生徒の見ている前でトレーニングを毎週行なっている意識の高い学校もあれば、月に一度の学校もあります。また、格安の語学学校の中には講師のトレーニングを行なっていない学校もありますので、安い語学学校には十分な注意が必要です。フィリピン人講師のキレイな発音は、日々の鍛錬の積み重ねによってつくられているのですね。

5、校舎の清掃が行き届いている

学校の成功が行き届いているかも非常に大事です。豪華さやオシャレさはお金をかければ作り出す事ができますが、日々清掃を続けてキレイに学校を保つ事は簡単ではありません。古い施設をキレイに使っている学校は、先生やスタッフにも気をかけているので、学校全体の意識が高くなります。

まとめ

以上がジュニアキャンプおすすめできるジュニアキャンプ、5つのチェックポイントでした。安全・安心に拘って留学するためには、学校選びがとても大事です。キレイな学校・大きな学校という見た目も大事ですが、見えない部分はもっと大事です。気になった事、わからない事等は、是非ご相談ください。

  1. ジュニアキャンプ

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会