セブ島留学まとめ

パスポート申請用写真を用意する5つの方法

更新日:2017年3月25日

パスポート申請に必要な縦4.5cm×横3.5cmの証明写真は、どのように用意すればお得なのでしょうか?おすすめの証明写真の所得方法5つをまとめてみました。(下に向かうほど安くなります)

知っていると知らないとでは、費用がかなり変わってきますので是非チェックしましょう。

1.写真屋さん(高い)

やはり安心して利用できるのは昔ながらの写真屋さんです。質の高い写真をすぐに用意してくれるサービスは全店共通。やはりプロに任せると安心感が違いますね。ただ、お店によってサービス(写真の腕)と価格が変わりますので、お店の評判を聞いた上、ご自分のニーズと費用をよく考えて写真屋さんは選びましょう。

参考価格A店(デパート内の写真室):4,500円前後
参考価格B店(パスポート申請窓口の近く):3,000円前後←注意!
参考価格C店(一般的な写真屋さん):2,000円

2.大型店・個人店のポラロイドタイプ(ふつう)

意外と知られていませんが、ディスカウントストアやカメラ量販店などでも証明写真の撮影が可能です。「○○カメラ」などの名前が付いているお店ですね。一般の写真屋さんよりは安く、写真の自動販売機よりは高い料金です。ただし、使うカメラはポラロイドタイプなのでネガは出ません。最近は個人店でもこのようなポラロイドタイプの写真機を設置しているお店もあります。

参考価格:1,500円

3.証明写真の自動販売機(ふつう)

一番ポピュラーなのが証明写真の自動販売機ではないでしょうか。最近は大きなスーパーや大学、そして駅近くなどには必ずあるので、隙間時間に撮影する事ができます。失敗しても撮り直しができないのが欠点ですが、最近は写真を確認してから印刷するタイプもあるようです。

参考価格:800円前後

4.自分で撮影してネットで印刷(安い)

実はネットでも証明写真が作成できます。自分で撮ったデジタルカメラのデータをネットの写真屋さん送ると、キレイにプリントアウトして郵送してくれます。予め写真加工用のソフトを提供してくれたりと、お店によってサービスレベルはまちまち。印刷された写真の送料が180円程かかりますが、印刷自体は1枚100円以下になりますので費用は激安。家族分まとめて印刷する場合や沢山写真を用意する人には、ネットの写真屋さんがお得かもしれませんね。

参考価格:280円(印刷代100円、送料180円)

5.自分で撮影してコンビニで印刷(激安!)

実はコンビニでも証明写真が印刷できます。iPhoneなどのスマホでアプリ(無料でOK)をダウンロードし、スマホで撮影。そしてそのデータをUSBに落としてコンビニの複合機で印刷(80円〜200円)すれば、超格安の証明写真の出来上がりです。スマホで撮影する場合、何度でも撮り直しができるのが嬉しいですね。ただ、コンビニエンスストアの印刷機は料金が一律ではないので注意が必要です。

参考価格:200円(激安!)

まとめ

いかがでしたでしょうか?
こんなにも沢山の方法があるのをご存知でしたか?

一度申請すれば10年使い続けるパスポート写真はできるだけ良い写真を使いたいですが、費用は節約したいですよね?費用対効果をよく考えてご用意ください。

  1. 初めてのセブ島留学
  1. パスポート