セブ島留学まとめ

マンツーマンレッスン

更新日:2017年4月5日
マンツーマン

一般的な日本の英語教育は、生徒40人に対して先生が1人。机に座って先生の話を聞いて文法を理解。そして通学の時間を使って単語帳を使って単語の暗記。塾で渡されるか自分で教材を購入したCDを聞いてヒアリングの練習・・・どこを切り取っても楽しくは無さそうですね。

それに対してセブ島留学の英語学習はマンツーマンレッスンです。

マンツーマンレッスンの良いところは?

マンツーマンレッスンの良いところは、先生と生徒が1対1で、授業スピードを調整しながら授業を進める事ができるところです。先生の授業に合わせるのではなく、生徒の理解のスピードに合わせて授業は進みます。わからない事があったら、自分が理解できるまで、何分でも授業を止めて先生に質問しても良いんです。

また、マンツーマンでは先生と2人きりなので、英語を間違えて離しても恥ずかしくありません。特に間違いを恐れる日本人にとっては嬉しいですね。

マンツーマンレッスンの注意すべきところは?

ただ、そんなマンツーマンレッスンでも注意しなければいけない事が1つあります。それは、授業の全てが英語で行なわれるという事です。もしABCがやっと理解できる程度の人が留学に行っても、なかなか英語が話せるようにはなりません。できたら中学生レベルの英語の復習が留学前に必要です。

ポジティブに行こう!

日本人は先生の話を理解できないと、自信が無くなってネガティブになってしまいますが、セブ島の留学だったらそんな気持ちにならなくて良いんですよ。マンツーマンレッスンの間、先生は生徒のものです。「分かるまで教えて!」とどんどんポジティヴに英語を勉強してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのフィリピン(セブ島)留学情報基礎知識