セブ島留学まとめ

噂ほど悪くない食事

更新日:2017年4月6日

時々、ネットでは「セブ島留学の食事は不味い」という書き込みを見かけます。しかし、「セブ島留学は〜」とくくってしまうのは間違いで、実際は学校によって提供される食事のレベルは差があります。

食事が美味しいと評価されている学校の特徴は?

代理店の立場から分析すると、食事が美味しいと評価されている学校の特徴は3つあります。

1.調理師を雇用している

特に日本人調理師や韓国人調理師が勤務しいてる学校であれば、食事は問題ありません。また、時々監修してくれる人がいるだけでも全く違います。

2.学校の経営者が寮に住んでいる

語学学校の経営者が生徒と一緒の寮に住んでいて、生徒と一緒に食事している学校は、食事に管理の目が行き届いています。

3.日本人マネージャーが正社員で長期間勤務

日本人マネージャーを正規雇用している学校は、日本人留学生を受け入れるために、食事の質を高める努力をしています。

期待し過ぎはダメ

とは言っても、ホテルのような豪勢な料理は期待しないでください。セブ島ではまだまだ冷蔵庫が普及していませんし、生鮮食品を配達するインフラも整っていません。グルメが喜ぶような食事は難しいです。イメージとしては、高校や中学の夏合宿の食事よりは良いというレベルだとお考えください。

また、食事に問題がある学校の情報をネットに書く事は出来ません。もし食事の評判が気になるようでしたら留学前にご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 評判の良いところ