セブ島留学まとめ

学校に問題があった

更新日:2017年4月13日

セブ島留学で最も大事な事といえば、やはり語学学校選びです。沢山の語学学校の中から自分の希望を叶えてくれる学校を探す事も大事ですが、良い条件ばかり探していると、とんでもない事に巻き込まれる事もあります。

1、留学中に語学学校が無くなった

超高級指向の語学学校A校は、大手代理店とのパイプを活かして開校と同時に集客に大成功。しかし、現地ススタッフの育成と施設の整備が全く追いつかず、刑務所レベルの留学環境にクレームが多発。結局、廃校する事になりました。

留学生は帰国する人と他の学校に残ってそのまま留学を続ける人に分かれましたが、大きな時間と費用のロスになった事は間違いありません。

このような失敗に巻き込まれないためには、以下の3つのポイントが大事です。

最低でも2年以上の実績がある語学学校を選ぶ留学する。
インターネットやHPの情報を鵜呑みにしない。
代理店が良い話しかしない場合や、日本の大企業との関係を強調する担当者は疑う。

2、留学中にスタッフが消えた

超格安タイプの語学学校C校は日本人マネージャー2人を揃えて開校を迎えました。しかし、いつの間にか1人消え、もう1人も学校を去り・・・結局1年後にはスタッフがいない形だけの学校となってしまいました。

広告を見て申し込みをした日本人留学生はセブ・マクタン空港から自力でなんとか学校へ行きましたが、授業をしてくれる先生は1人だけ。食事は時々ジョリビーのハンバーガー(マクドナルドのようなファーストフード)を先生が買ってくるのみ。他の留学生もいないので夜は1人で学校に宿泊。結局、満足な留学生活を送る事は出来ませんでした

このような失敗に巻き込まれないためには、以下のポイントを気にしてもう一度考えてみましょう。

どうして代理店を使わないのか?を考える。
どうしてそんなに安くできるのか?を考える。
インターネットの広告費はいくらなのか?を考えてみる。

その他にも・・・

・経営者にお金が無くなってしまい留学中に廃校になった

・先生と一緒に夜逃げするように校舎移動した

・TESDAに登録していない学校だったので入学できなかった

・フィリピン入国後に強制送還された

等々の話もあります(ただし、これらは全て5年程前の話)

安すぎる学校、良い話には訳があります。学校選びには十分注意してください。

 

  1. ネガティブ

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会