セブ島留学まとめ

選べる!WALES(ウェールズ)のスピーキング

更新日:2017年4月19日
wales speaking lessonの写真

フィリピン留学のバギオWALESでは、全てのマンツーマンレッスンでスピーキングを選択できます。しかも、レッスンごとにSubject(サブジェクト)を変える事ができるので、集中して楽しく効果的な学習を続ける事が可能です。

今回はバギオWALESで提供されるSpeaking lesson subjectを6つまとめてみました。スピーキングに集中してレッスンを受けたい人は注目です。

1.Survival English(サバイバル イングリッシュ)

Survival English とは、簡単な英単語と文法を使って、英語圏で生活するために必要な英語を学習します。何となく聞いた事がある表現から、目からウロコの表現まで、幅広く英語表現を学びます。

2.Chat(チャット)

Chatは日本語に訳すと「おしゃべり」です。なんと改正された新TOEIC試験ではchat形式の問題が出題されますので、おしゃべりと言えども侮れません。ただ単におしゃべりをするだけでなく、LINEやFacebookなどで使える表現も学習できます。

3.Discussion(ディスカッション)

Discussionの授業とは、いわゆる討論です。「What do you think 〜」などの質問文を先生から出されますので、その質問に生徒が答えるところから討論がスタートします。言葉に詰まってしまったら先生が答えのサンプルを提供してくれますので、その表現を地道に覚えましょう。

4.Pattern(パターン)

Patternの授業とは、そのままパターン化しているダイアログ(会話)を丸暗記する授業になります。丸暗記というとつまらないイメージですが、実際の生活では非常に重宝しますし、パターン通りに話せたときはとても嬉しい気持ちになりますよ。

5.Phrasal Verb(フレイザル バーブ)

Phrasal Verbとは、動詞と前置詞などの組み合わせで、元の単語とは違った意味の表現をする言葉です。特にネイティヴの英語を使いたい人には必須の学習と言えます。イデオムに非常に近いですが、フィリピン人講師が言うには違うそうです。

6.Practical English(プリティカル イングリッシュ)

Practical Englishとは、いわゆる実践英語です。卒業後に海外で仕事に就く人、独立開業を目指す方など向けの英語学習です。IELTSのレッスンに近い内容となります。

まとめ

いかがでしょう?スピーキングの授業 1つをとってもコレだけのSubjectが用意されているWALESは英語学習に本気です。しかも、自己管理できる大人向けに規則は緩めです。代理店が自信を持ってお勧めできるフィリピン留学の語学学校である事は間違いありません。

 

  1. 個性的なカリキュラム
  1. WALES

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会