セブ島留学まとめ

【セブ島留学】学校の違い(2)先生・講師の雇用形態

更新日:2017年4月27日
フィリピン人講師の写真

セブ島留学の学校の違いについてまとめた第2回目。今回は皆さんに英語を指導してくれる先生、特にフィリピン人講師の違いについて説明します。

どんなに酷い学校でも「最高の講師陣」とパンフレットには書いてありますので、ぜひこの情報を理解してください。

1.正社員のフィリピン人講師

良い学校では優秀なフィリピン人講師を正社員として雇用しています。彼らは教えるのが専門なので、高い知識だけではなく、生徒の英語力が向上する方法を理解しています。また、経験豊富で優秀な先生達は人格的にも素晴らしい人である事が多く、留学生からの評判は上々です。

2.期間契約のフィリピン人講師

一般的にセブ島留学にはピークがあります。日本と韓国が休みの期間である1月から3月と7月から8月です。この時期だけ雇われる講師が期間契約の講師です。彼らは夏休みが終わると無職になってしまいます。ジプニーを乗り継いで長時間かけて学校へ通勤している先生に多いですね。

3.アルバイトのフィリピン人講師

アルバイトのフィリピン人講師もいます。アルバイト講師の給料はあまり高くなく、短時間の雇用である場合が多いようです。仕方なく彼らは講師以外のアルバイトを掛け持ちをしてるようです。アルバイト掛け持ちの先生は良い人かもしれませんが意識があまり高くないようです。

4.大学生のフィリピン人講師

語学学校の講師の中には、大学に通っている講師も少なくありません。一般的に彼らの知識レベルは高いのですが、それとは逆に教え方はあまり上手ではありません。また、2部(夜間)に通っている大学生講師などは授業中に眠たい顔をしたり、アクビをしてしまう事もあります。これは日本人留学生に不評です。

5.ネイティブ講師

最後にネイティブ講師の説明をします。セブ島留学の大型語学学校には大抵ネイティブ講師が1人は在籍しています。セブ島には多くの欧米人が移住していますので、彼らのような講師を捜す事は難しくないのです。ただ、フィリピン人講師が若くて元気なのに対し、ネイティブ講師の多くはお年寄りで情熱的ではありません。ネイティブ講師の授業を受けた方が良いかは人それぞれと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?講師と言っても色々な形態がありますね。

正社員を沢山雇用している学校とアルバイトでやりくりしている語学学校では、学校の質・講師の質が違うのが理解できるかと思います。フィリピン人講師は素晴らしいというのは誰でも出来ます。要は、その素晴らしい講師を確保する為に学校がどのように努力をしているのかです。

  1. 初めてのセブ島留学
  1. 講師(先生)

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会