セブ島留学まとめ

こんなところに?【セブ島留学】学校の違い(4)立地

更新日:2017年4月28日
学校の立地のイメージ写真

初めてセブ島留学に挑戦する人が驚く事のNo.1は学校の立地でしょう。多くの人が観光地(日本で言う沖縄)をイメージしてセブ島を訪れますが、実際のセブ島はインドネシアのような新興国です。

どのような所に学校が建っているのかまとめてみましょう。

1.住宅街

韓国系を中心に、セブ島の語学学校は住宅地に建っている事が多いです。大きく高い壁でぐるりと囲まれた学校は、ちょっとした監獄のようです(実際、like a prisonと例える学生も)。

2.オフィス街

ITパークを中心とした商業地やオフィス街に語学学校が建設されている場合もあります。オフィス街の学校は何処もキレイです。警備員が入口で持ち物チェックをしているような大きなビルディング内に入っている学校も。

3.キャピタルなどの街

セブ島のキャピタル付近はホテルやお店が沢山ある東京のような地域です。遊ぶ場所や美味しいレストラン、そしてコンビニなども多く、生活するには非常に便利です。ただし車が非常に多いので排気ガスで体調を崩される方が少なくありません。

4.郊外

郊外にある学校は生活に不便です。買物に行くにも、海に行くにも他の学校よりも時間がかかります。しかし、逆に誘惑が少なく治安が良い場所と言えるかもしれません。主に平日は外出禁止のスパルタ系の学校は郊外に校舎があります。

5.ベイサイド(海岸沿い)

最後に一般的な方がイメージする海岸沿いの学校です。しかし、セブ島自体にはキレイな砂浜や海岸は無く、海に面しているほとんどの学校では泳ぐ事もできません。しかもセブ島の海岸は大抵不便な場所にあるので、決して快適な留学生活が送れる場所とは言えません。

まとめ

現地に行ってから後悔する方が多いのがこの学校の立地です。海に近いとかキレイなビルディングも良いですが、基本的には生活しやすい場所を選ぶ事をおすすめします。

  1. 初めてのセブ島留学
  1. 立地

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会