セブ島留学まとめ

【メモ!】フィリピン(セブ島)留学比較(3)食事

更新日:2017年5月4日
WALESの食事の写真

フィリピン(セブ島)留学では語学学校が朝・昼・晩と3回の食事を用意してくれます。これによって留学生は食事の準備や後片付けを気にせず英語学習に集中できます。

今回は食事の良い学校と悪い学校の特徴を箇条書きにし、比較してみました。

食事の良い学校

食事が良い学校の特徴は以下の通りです。

  1. 清潔でキレイな食堂を用意している (Philinterなど)
  2. 学校の施設もキレイに管理されている (WALESなど)
  3. 食事の情報をネットでアップできる (CGなど)
  4. 改善している情報を公開している (CIAなど)
  5. 日本人か韓国人調理師が勤務 (SMEAGなど)
  6. オーナー(経営者)の奥さんが目を光らせている (OKEAなど)
  7. 料金は平均より高め
  8. 業界関係者から評価が高い

ただし、食事の質はフィリピンレベルだとご理解ください。日本の豪華ホテルのような食事とは違います。

食事の悪い学校

食事の悪い学校は以下の通りです。

  1. 留学費用が安い
  2. 施設が汚い
  3. 講師の入れ替わりも多い
  4. ネット上に写真が少ない
  5. フィリピン人スタッフに理解が無い
  6. 経営者が改善する意思が無い
  7. 日本人学校スタッフが頻繁に変わる

学校の建っている位置と食事の良し悪しは相違関係が無いようです。

まとめ

食事の質が良い学校は、総じて良い学校である事が多いです。「食事は不味いけど素晴らしい教育カリキュラムを持っている」そんな学校は聞いた事がありません。食事の質が気になる方は、ぜひ良い学校を探してください。

  1. 初めてのセブ島留学
  1. 食事

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会