セブ島留学まとめ

【セブ島留学】15歳未満フィリピン入国に必要なWEG申請

更新日:2017年5月8日
WEG申請まとめの写真

15歳未満のお子さんにとってもセブ島留学はとても素晴らしいチャンスです。子供が単独でフィリピン入国する際に必要なWEG申請についてまとめました。

オフィシャル情報

フィリピン大使館では以下のようなオフィシャル情報を発信しています。

【WEG申請に必要な「扶養•保証の同意宣誓供述書」の認証ガイドライン】

「フィリピン国籍以外の15歳未満の未成年者は、有効な査証を有しても、単独または親(離婚している場合は親権者)の付き添い無しにフィリピンへ渡航する場合、Waiver of Exclusion Ground(WEG)が必要です。」

つまり「15歳未満の子供が親と一緒に入国できない場合はWEGが必要」という事です。
※例1、15歳未満の子供がフィリピン(セブ島)留学に単独で参加する場合に必要
※例2、15歳未満の子供が親以外の大人と一緒にフィリピンに入国する場合に必要
※例3、15歳未満の子供が親権が無くなった親とのフィリピン入国の際にも必要

WEGの書類を自分で記入する場合の流れ

以下の書類を手に入れ、記入します。

1.書類を用意する

  • 扶養・保証の同意宣誓供述書
  • WEG申請書
  • 子供の証明写真
  • パスポートのコピー
  •  同行者の有効なパスポートのコピー
  •  供述書(1の書類)にサインした親のパスポートの写真のページ
  • 子供の出生証明書

詳しくは以下のサイトに記載されています。↓

フィリピン大使館オフィシャルサイト(WEG申請に必要な「扶養•保証の同意宣誓供述書」の認証ガイドライン)

2.フィリピン大使館に書類と審査料を提出する

  • 認証料金:$25(アメリカ$)
  • 照合料金:$25(アメリカ$)

3.フィリピン大使館による審査

申請書類に間違いが無ければ、1週間〜2週間でフィリピン大使館から書類が届きます。

4.フィリピンへ渡航

フィリピン大使館から届いた書類を持ってフィリピンへ渡航します。

5.WEG申請手続き

フィリピン入国審査時に書類とWEG申請料(3120ペソ)を提出し、WEG申請を行ないます。書類の確認が出来れば完了となり、入国できます。

行政書士に手続きを代理してもらう場合

1.行政書士にお申し込み

紹介料は無料でご紹介させていただきます。

2.行政書士に必要資料を送付

行政書士より集めて欲しい書類の指示がありますので、揃えて送ります。

3.行政書士がフィリピン大使館に資料を提出

書類提出から審査完了まで行政書士の先生にお願いします。手続きが終われば行政書士かフィリピン大使館から書類が届きます。

4.届いた書類を持ってフィリピンへ渡航

フィリピン大使館から届いた書類を持ってフィリピンへ渡航します。

5.WEG申請手続き

フィリピン入国審査時に書類を提出し、WEG申請を行ないます。書類の確認が出来れば完了となり、入国できます。

比較してどちらがお得か?

WEG申請は自分でも出来ます。自分で提出した方が費用は格安で済みますが、書類作成には知識と時間が必要なので、仕事を持っている保護者の方や書類作成が苦手な方にはおすすめできません。

フィリピン(セブ島)留学に関しては、ほとんどのキャンプ参加者の親御さんがWEG申請をプロの行政書士にお願いしています。費用対効果を考えてプロの先生にお願いしましょう。費用は3万円弱程です。

  1. 初めてのセブ島留学
  2. 親子留学・ジュニアキャンプ
  1. WEG申請

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会