セブ島留学まとめ

【セブ島留学】法人企業研修先で評価が高いPhilinter(フィリンター)ビジネスコース、その特徴を紹介します。

更新日:2017年5月26日
Philinter(フィリンター)ビジネスコースの写真

現在、社員研修としてセブ島留学を使う会社が増えています。その中でも法人企業のリピート率ほぼ100%を誇るPhilinterはエージェントがおすすめしたい語学学校の1つ。そんなPhilinterのビジネスコースが何故高い評価を得ているのか?その特徴をまとめました。

Philinterのビジネスコースの特徴

Philinterビジネスコースの特徴をご紹介します。

1.全てのコースで卒業証明書が発行

卒業証を発行してくれる学校は珍しくありませんが、国際的に英語力を証明できる卒業証を発行できる学校は多くありません。Philinterでは国際標準規格CEFR(セファール)という指標に沿って英語力を判断し卒業証明書を発行してくれるので、欧米などの就職シーンで役立ちます。

2.講師レベルが最高

一般的な英語学校のビジネスコースではビジネス経験の無い講師がESLコースの講師を兼ねてビジネスコースを指導しますが、Philinterではビジネス経験がある専門の講師が臨場感を持って指導します。

3.留学期間が決まっているコース設定

Philinterのビジネスコースでは、しっかりと授業カリキュラムが組まれているので留学期間が決まっています。これにより確実に成果が望める授業カリキュラムをコンパクトにまとめて用意する事ができます。学校やエージェントが無駄に長期留学を勧める事はありません。

4.留学生の定員・国籍比率が決まっている

評判の良いPhilinter(フィリンター)のビジネスコースの写真

Philinterでは他の語学学校と違い、コースによって定員が決まっています。これにより徹底した個人の学習進捗を講師が理解できます。また、国籍も日本人だけで固まる事がありません。

5.法人向けビフォーアフターレポート制度

有料(1人1万5千円)になりますが、法人の英語研修として留学された方にはビフォーアフターのビデオ撮影、そして留学成果のレポートを会社にお渡しできます。このレポートは現在、ほとんどの法人の英語研修でご利用頂いています。

6.効果的な英語学習を支える宿題

英語学習は授業を受けるだけでは成果が上がりません。自分で考えながら予習・復習を行なう時間があってこそ、効果的な英語学習に繋がります。Philinterのビジネスコースには毎日9コマの授業があり、それぞれの授業で課題が出されます。これによって現地で迷う事無く学習に集中する事ができます。

7.社員の自習時間も徹底管理できる

法人の社員研修としてPhilinterを選択された場合、研修中の留学生をPhilinterのスタッフがチェックするシステムがあります。例えば、会社より「夜はしっかり自習させて欲しい」という要望があれば、留学生を外出禁止にし、夜は自習室で自習をしてもらいます。この場合、夜になるとPhilinterスタッフが定期的に自習室へ向かい、留学生が自習をしているかチェックを行ないます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この他にもPhilinterには小さなおすすめポイントが沢山あります。安いだけの語学学校とフィリピン政府レベルから表彰を受ける語学学校は全く違います。成果が出るセブ島留学の英語研修をお望みの法人は、ぜひPhiliterがおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. ビジネスコース
  1. Philinter(フィリンター)
  2. セブ
  3. ビジネス
  4. 法人向け
  5. 評価が高い