セブ島留学まとめ

【フィリピン留学】法人企業の英語研修先No.1のPhilinter(フィリンター)。3つのビジネスコースを比較・分析

更新日:2017年5月27日
フィリピン留学Philinter(フィリンター)のビジネスコースの写真

日々世界の最前線で戦っている商社や大手自動車メーカーは、公にはしていませんが海外派遣前の社員や新入社員の研修でフィリピン留学を活用しています。そこで今回は法人英語研修先No.1のPhilinter(フィリンター)が用意する3つのビジネスコースを比較しました。

3つのビジネスコース概要

最初にPhilinterのビジネスコースをそれぞれご紹介します。

1. Basic Business(ベーシック ビジネス)

英語レベル初中級、ビジネス英語初心者向けのコースです。
4週間の期間内で体系的に会社内の打ち合わせやお客様との会話で使用する英語スキルを学習します。仕事中のコミュニケーションを英語をできるようになるために、実践的なカリキュラムがつくられています。

留学最終日には英語を使った約10分の調査報告を他の留学生や講師の前で披露するイベントが用意されています。調査レポートは結論を導くように英語の文章を作成。報告はプレゼンテーション形式で行ないます。イベント終了後には講師からのフィードバックを受ける事ができます。

Basic Business マンツーマンレッスンの授業内容(4コマ) 

  • スピーキング:仕事現場の英会話
  • リーディング:ビジネス英単語の文章を読む
  • 発音:ビジネス英単語の発音基礎学習
  • リスニングと文法学習

Basic Business 小グループレッスンの授業内容(4コマ)

  • リスニング:BBC/CNN/ドキュメンタリー番組
  • スピーキングとリスニング:ビジネス英会話(ベーシック知識、発音、文化、現代問題など)
  •  リーディングとライティング:リサーチとその報告

Basic Business 大グループレッスンの授業内容(1コマ)

  •  プレミアムイングリッシュ:ビジネスシーンで使う丁寧な表現を学習

 

2. Advanced Business(アドバンス ビジネス)

英語レベルが中級以上の留学生向けのビジネスコースです。

フィリピン留学のジョブインタビューレッスン風景の写真
マンツーマン授業では履歴書作成・面接対応・ビジネス会議・ビジネス交渉・電話対応・実践英会話など、自分が希望する内容のレッスンを2コマ選ぶことができます。カリキュラムは最終日に行なう公開プレゼンテーションをゴールと設定し、そのゴールに向かって幅広く学習を進めます。後半2週間を使い行なわれるプレゼンテーションの授業では、資料作成を時間をかけて行なう事により、地に足がついた実践的な英語力が身につきます。最終日の公開プレゼンテーションでは、50人ほどの留学生と講師の前で実際に英語でプレゼンテーションと質疑応答を行ないます。

また、こちらのコースはビジネスマンだけでなくワーキングホリデーなどで海外へ渡り、就職活動をされる方全般におすすめできる内容となっており、人気のあるクラスです。(ワーキングホリデーに挑戦される方には履歴書作成と面接対応がおすすめの授業内容となっています)

Advanced Business マンツーマンレッスンの授業内容(4コマ) 

  • ライティング:ビジネス英語文章作成
  • リーディング:ビジネス英語文章の読み込み
  • 選択授業1:(履歴書作成、面接対応、グラフ作成、ビジネス会議、ビジネス交渉、電話対応、スピーチクラスの内から1つ選択)
  • 選択授業2:同上

Advanced Business 小グループレッスンの授業内容(4コマ)

  • リスニング:BBC/CNN/ドキュメンタリー番組
  • スピーキングとリスニング:ビジネス英会話(ベーシック知識、発音、文化、現代問題など)
  •  ライティングとスピーキング:プレゼンテーション

Advanced Business 大グループレッスンの授業内容(1コマ)

  •  プレミアムイングリッシュ:ビジネスシーンで使う丁寧な表現を学習

 

3. Focus Industry(フォーカス インダストリー)

忙しいビジネスマン向けの2週間で完結する英語力中級者以上向けの短期ビジネスコースです。対象レベルは英語レベル初中級、ビジネス英語初心です。

フィリピン留学フォーカスインダストリーの写真
マンツーマン授業では倫理学・ビジネス・接客・丁寧な対応・IT・医療・会計・営業などの専門英単語(ボキャブラリー)の中から2コマを選び、集中的に学習。小グループではTOEICスピーキングを学習します。専門領域に絞って学習することで効果的な英語力アップに繋がります。

Focus Industry マンツーマンレッスンの授業内容(4コマ) 

  • フォーカス スタディー1:自分が使う専門分野の英単語を使って学習
  • フォーカス スタディー2:(同上)
  • ライティング:ビジネス文章作成
  • 選択授業1コマ:(履歴書作成、面接対応、グラフ作成、ビジネス会議、ビジネス交渉、電話対応、スピーチクラスの内から1つ選択)

Focus Industry 小グループレッスンの授業内容(4コマ)

  • グラマー
  • スピーキングとリスニング:TOEICスピーキング
  • 発音

Focus Industry 大グループレッスンの授業内容(1コマ)

  •  プレミアムイングリッシュ:ビジネスシーンで使う丁寧な表現を学習

 

各コースのカリキュラムの比較表

わかりやすく比較できるよう、表を作成しました。

コース名 Basic_Business Advanced_Business Focus_Industry
期間 4週間 4週間 2週間
入校条件 IELTS 3.5
TOEIC 400
Philinter Level 201+
IELTS 5.0
TOEIC 600
Philinter Level 301+
IELTS 3.5
TOEIC 400
Philinter Level 201+
マンツーマン
レッスン
4コマ
・スピーキング
・リーディング
・文法
・発音
4コマ
・ライティング
・リーディング
・選択授業1(※1)
・選択授業2(※1)
4コマ
・選択単語1(※2)
・選択単語2(※2)
・ライティング
・選択授業(※1)
小グループ
レッスン
4コマ
・TVリスニング
・ビジネス英会話2コマ
・調査と報告など
4コマ
・TVリスニング
・ビジネス英会話2コマ
・プレゼンテーションなど
4コマ
・TVリスニング
・TOEICスピーキング
・発音・文法など
大グループ
レッスン
プレミアムイングリッシュ プレミアムイングリッシュ プレミアムイングリッシュ
レッスン数 9コマ 9コマ 9コマ

※1.マンツーマン選択授業内容
以下の中からAdvanced_Businessでは2つ、Focus_Industryでは1つ選択します。

  1. 履歴書作成、面接対応
  2. グラフ作成
  3. ビジネス会議・ビジネス交渉
  4. 電話対応
  5. スピーチクラス

※2.Focus Industry マンツーマン選択単語一覧
以下の中から2つ選択します。

  1. 倫理学
  2. ビジネス
  3. 接客
  4. 丁寧な対応
  5. IT
  6. 医療
  7. 会計
  8. 営業

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は企業の研修担当者向けにPhilinterのビジネスコース3つを比較しながらご紹介しました。法人の研修を受けているフィリピンの語学学校は沢山ありますが、Philinterほどクライアントのニースに細かく対応できている学校はありません。費用は若干高めになりますが、それだけの収穫はあると思います。興味があれば、ぜひ担当者にご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 【学校】Philinter(フィリンター)
  2. セブ島
  3. ビジネスコース