セブ島留学まとめ

【セブ島留学】バニラエアの疑問:機内持ち込み手荷物の規制について

更新日:2017年6月22日
バニラエアーの手荷物の写真

セブ島への直行便を格安で運行しているバニラエア。フィリピン(セブ島)留学に挑戦される方にとってはとても嬉しい存在です。ただし、預け入れ荷物と機内持ち込み手荷物の大きさはしっかりと制限をされています。初めて利用される方にとっては、無事に荷物を持ち込めるのか心配なのではないでしょうか?

そこで、今回はバニラエアの機内に持ち込める手荷物の大きさについてまとめます。

※2018年情報を更新しました

現在のバニラエアの規制を確認

バニラエアの機内持込み手荷物のイラスト

(参照)バニラエア(https://www.vanilla-air.com/jp/service/cabin-baggage

まずはバニラエアの機内持ち込み手荷物の規制について確認します。

  1. 大きさ:各辺が55cmX40cmX25cm以内 (ハンドル・車輪・鍵などの付属品も含み)
  2. 数:手荷物1個 + 身の回り品(ハンドバック・PCバックなど)1個 =2個まで
  3. 重さ:手荷物と身の回り品 2個の合計が7kgまで

【疑問】形が変形するバッグの場合は?

ゴロゴロと転がすキャリーバックの場合は形が崩れる可能性はありませんが、もし布製の背中に背負うバックパックタイプのリュックを機内持ち込み手荷物とした場合、形が崩れて横幅が25センチを上回ってしまう可能性があります。こういった場合でも機内持込みはできるのでしょうか?

試してみました

バニラエアの手荷物チェックはとてもシンプル。箱形スチールケースの中にカバンを自分で上から挿入して確認します。係員は隣で見ているだけ。

実際に試してみました。(写真は2017年のものです)

バニラエアの手荷物チェックの写真

ストンと入りましたよ!

しかし・・・よく見るとカバンの一部はスチールケースの壁に接触しています。
これで大丈夫なのでしょうか?

おそるおそる隣に立っているバニラエアの職員の顔を見ると・・・セーフ!

大丈夫なようです。

まとめ

バニラエアの機内持ち込み手荷物は大きさを測る箱型スチールケースと手荷物が接触しても大丈夫です。箱の中に入ればOKのようです。

※元々は2017年6月のブログ記事です。規制は何時変わるかわかりませんので、心配でしたら事前に空港へ確認しましょう。くれぐれも自己責任でお願いします。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  2. セブ島留学手続き
  1. セブ島
  2. チェックインと手荷物について