セブ島留学まとめ

【セブ島留学】中国国籍・台湾国籍の方へ(1)留学プランの作成

更新日:2017年7月16日
中国人のフィリピン入国情報の写真

中国国籍・台湾国籍の方がセブ島留学する方法を説明しています。

中国国籍・台湾国籍の人がフィリピンに入国するためにはビザを所得しなければいけません。しかし、ビザを所得するためには、先にセブ島留学プランを決めなくてはいけません。代理店で相談し、以下の内容を決めてからビザを申請します。

A.代理店(エージェント)と語学学校を決める

中国国籍・台湾国籍の人はフィリピンに入国にあたり、「どこで・何をしているのか?」という情報をフィリピン大使館に申告しなければいけません。そのために滞在証明書かその代わりになる書類が必要です。その書類を発行してくれるのがセブ島の語学学校になりますので、ビザ所得より先に留学プランを代理店(エージェント)と相談し、留学する語学学校を決めてください。

※最低でも1ヶ月以上前にご相談ください

B.英語表記の航空券の所得

学校の申し込みと平行して航空券も予約します。中国国籍・台湾国籍の人がフィリピン入国する際にはフライト情報(往復)の提出義務があります。フィリピン大使館に提出する航空券情報は必ず英語表記でご用意ください。

※フィリピン大使館のスタッフは日本語がわかりません

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. セブ島留学手続き
  1. 外国国籍(中国や台湾)の方へ