セブ島留学まとめ

【セブ島留学】マンツーマンが少なくグループが多い学校の比較まとめ

更新日:2017年7月27日

セブ島留学やフィリピン留学と言えばマンツーマンレッスンが最大のセールスポイントですが、語学学校の中にはマンツーマンレッスン数が少ない学校も存在します。

マンツーマンレッスン率が低い学校は良く無い学校なのでしょうか?比較してまとめてみました。

1.コマ数の比較

通常ESLコースのマンツーマンレッスン率が50%以下の学校を比べます。候補に挙がったのはセブ島留学の名門CPILS、留学経験者のレベルアップ率でトップを誇るスパルタ系のCG、格安留学でダントツのコストパフォーマンスを誇るMONOL(モノル)です。

学校名 マンツーマン率 場所
CPILS 約42%(3コマ) セブ
CG 50%(4コマ) セブ
MONOL 約42%(3コマ) バギオ

2.特徴について比較

マンツーマンレッスンが少ない学校は、それぞれに大きな特徴があります。CPILSはネイティブ講師の数が多く多国籍なので、セブ島留学の中では一番欧米に近い雰囲気があります。CGはとにかく英語に触れる時間が多く、沢山英語を話さなければいけません。おそらく英文を作成する数もセブ島留学でNo.1だと思います。MONOLは英語以外にゴルフやヨガの時間もあり、スポーツを通じて英語を学習する事ができます。

学校名 学校の特徴 雰囲気
CPILS ネイティブ講師によるグループクラスが毎日2コマ 多国籍で楽しく明るい
CG ライティングや単語テストを含め毎日14時間英語学習 EOPもあり大変だけど自由
MONOL オプション授業が充実。復習型カリキュラムも高評価 外出しなくても満足できる環境

3.価格を比較(1ヶ月3人部屋)

最後に料金で比較します。マンツーマンレッスンが少ない学校は費用が安いのかと思うかもしれませんが、実はそれほど変わりません。それ以外の施設やレッスンにもお金をかけているからです。

格安なのはダントツでMONOL。CGとCPILSが同じくらいの価格帯となっています。

学校名 マンツーマン率 場所
CPILS $1,583 セブ
CG $1,500 セブ
MONOL $1,330 バギオ

まとめ

実はこちらの3つの語学学校は代理店が自信を持ってお勧めできる学校です。日本人はマンツーマンレッスン数だけで学校を決めてしまう傾向がありますが、学校の良さはそれだけではありません。もしマンツーマンレッスン以外の事にも興味があれば、ぜひご相談ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 学校選び
  1. CPILS
  2. CG
  3. レッスン
  4. MONOL