セブ島留学まとめ

【初めてのセブ島留学】第2回本籍地のある市役所で謄本を所得

更新日:2017年8月9日
戸籍謄本がある市役所の写真

初めてのセブ島留学の取材に行くために、Mさん(40歳・独身男性)はパスポート申請に必要な書類を揃えます。今回は本籍地の市役所で謄本を取る話です。

Mさんさんとの会話

Mさんさんが地元の市役所(足立区)に謄本を取りに行くと、その日のうちに永井に連絡が入りました。

Mさん「お疲れさまです。足立区の市役所で謄本もらえませんでした。」

永井「え!?え!?え!?何でですか?」

Mさん「本籍地のみとのことで、これから西東京市に向かいます」

永井「え!?本籍を確認してなかったんですか???」

Mさん「幼児の頃に足立区に引っ越してきたので、本籍って記憶すら無いです。もう何も残っていないと思います。心配ですね・・・」

永井「いやいや、お役所はキチンと保管してますよ!」

Mさん「西東京市のひばりが丘出張所で取れるそうなので、○○年ぶりに行ってみます。懐かしいなぁ・・・」

永井「・・・旅をすると色々な事と遭遇しますね・・・。まあ楽しんで来てください。そして、記事にしましょう(笑)」

Mさん「『初めてのセブ島!パスポート所得の注意点!』で決まりですねwww」

 

はい。そして本当に記事にしました。

この後、Mさんは無事に西東京市で戸籍謄本を手に入れる事ができました。意外と本籍の事についてご存じないな方は多いです。パスポート申請はどこでも出来ますが、戸籍謄本の所得は本籍地でしか出来ません。皆さんもパスポート申請に必要な戸籍謄本は早めに用意してくださいね。

(続く)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  1. Mさん(40歳)