セブ島留学まとめ

【初めてのセブ島留学】第55回マクタン島、夜の買出し

更新日:2017年8月24日
マクタン島の夜の写真

Philinter(フィリンター)の日本人マネージャー藤村さんとカメラマンのMATUさん、そしてセブ島留学エージェントの永井は近くのガイサノ・ショッピングモールへ向かいしました。Philinterから歩いて10分もかかりませんでしたが、マクタン島の夜道は少し新鮮です。

買物の前に両替

MATUさんがフィリピンのお金(ペソ)を持っていなかったので、買物の前に両替商に向かいました。場所はガイサノショッピングモールの先の建物。

藤村さん「Philinterの留学ガイダンスの時は、こちらの反対側のセーブモア(save more)に行って両替と買出しをするんですが、ここもレートが良くておすすめですよ」

永井「何故買出しはガイサノではなく、セーブモアを使うんですか?」

藤村さん「ガイサノの方が大きくて品揃えが良いんですが、広すぎるんです。引率スタッフの目が全員に届くよう、コンパクトにまとまっているセーブモアを選んでいます」

永井「なるほど〜」

藤村さん「さ、着きました。両替所はあそこです」

永井「MATUさん、さっそく両替しましょう!」

MATUさん「どうやるんですか?」

永井「日本円を出すだけで、何も言わなくてもペソに変えてくれます。領収書を出してくれるので、必ず確認してくださいね」

そしてMATUさんも挑戦しました。

MATUさん「すごく簡単でしたね」

永井「そーなんですよ!フィリピン人は世界中に出稼ぎに行っているので、両替所が街の至る所にあり、誰でも簡単に両替できるんです!」

藤村さん「ショッピングモールが閉まるので、早く買物に行きましょう!」

3人は現地のお金(ペソ)を手に買物に向かいしました。

(つづく)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  1. 【学校】Philinter(フィリンター)
  2. Mさん(40歳)