セブ島留学まとめ

【セブ島留学取材記録】第88回英語が通じないタクシー運転手

更新日:2017年9月14日
英語の通じないタクシー運転手の写真

MATUさんと永井のセブ島留学取材は3日目に入りました。今日はSMEAGのキャピタル(Capitol)へ向かいます。しかし、タクシーに乗って行き先を告げたところで小さなトラブルが発生しました。英語が通じないのです。

キャピタル(Capitol)がわからない?

永井「Could you take us to Capitol ?」

タクシー運転手「Capitaol ?」

永井「We want to go Capitol.
   Do you Know Capitol ?」

タクシー運転手「No! No!」

永井「Government Office !」

タクシー運転手「Mandaue ?」

永井「ちがうよ!」

英語が通じないのか、それともタクシー運転手がキャピタルを知らないのかわかりませんが、とにかく通じませんでした。

MATUさん「GPSでいいんじゃないですか?
      (Googleマップの事)」

永井「そうだねー。仕方ない」

仕方なく永井のスマホでGoogleマップを起動し、キャピタルを行き先に指定します。そして、そのスマホ画面を運転手に見せながら移動となりました。

セブ島に来るようになってもう5年経ちますが、初めて永井は英語が通じないタクシーに当たりました。これからセブ島にくる人は、Wi-Fiルーターが必需品となるかもしれません。

(つづく)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. ストーリーで学ぶセブ島留学
  1. Mさん(40歳)