セブ島留学まとめ

【フィリピン留学】最新ダバオ情報No.2 現在のミンダナオ島の情勢

更新日:2017年11月26日
フィリピン留学E&Gの学生寮の写真

実は、マラウィ市で戦闘が続いていた間も、首都であるダバオ市の治安は良好でした。市民生活は通常通り行われており、特に問題はありませんでした。

そして、10月中旬に入ってから相次いでインパクトのあるアナウンスがありました。

2017年10月17日にフィリピンのドゥテルテ大統領はマラウィ市の一部を占拠したISIL支持勢力(過激派)の鎮圧に成功と発表。掃討作戦を、ほぼ完了したとの見方を示しました。

そして、その6日後となる

10月23日、フィリピンのロレンザーナ国防相も掃討作戦について「終了を宣言する」と述べ、作戦が完了したことを明らかにしました。

※首謀者のマウテ兄弟の死亡が確認されました

これにより、フィリピン留学業界において、長期に渡って暗雲が立ち込めていた問題がやっと解決しました。マラウィ市がミンダナオ島北部に位置する事から、セブ島留学やバコロド留学にも影響が出ていたのです。

とはいえ、このISIL支持勢力と軍との戦闘中の期間にも、数人の日本人留学生がダバオ市で英語学習の為に留学を続けていました。実際に現地での留学生活はどのようなものだったのでしょうか?

(つづく)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 業界分析
  1. ダバオ
  2. E&G