セブ島留学まとめ

【フィリピン留学】最新ダバオ情報No.4 E&Gが安全と言える理由

更新日:2017年11月26日
フィリピン留学ダバオE&Gの屋上の写真

この記事を書いているセブ島留学サポートセンター代表の永井は現地ダバオのE&Gスタッフ(フィリピン人)に質問しました。

永井「テロ首謀者のマウテ兄弟が軍に射殺されたのはわかりました。でも、その情報は日本人にとって刺激が強過ぎる。もっと他に安全である事を証明できる材料はないの?」

フィリピン人「安全を証明するって、他にいったい何を証明すれば良いの!?私たちはダバオ市で毎日生活しているのよ!」

永井としてはグウの根も出ませんでした。確かに危険を知らしめる方法は簡単です。しかし、逆に安全を証明する事は何よりも難しかったのです。

そこで、我が日本の事を思い出して、少々考えてみました。

過去にあった日本の例と比較してみました

まず最初にダバオE&Gとマラウィ市の距離を計ります。あくまでも目安ですが、距離にして291km。車で6時間の移動距離です。

次に日本です。

思い出したくない方もいらっしゃるかもしれませんが、福島の原発事故を引き合いに出して考えます。

福島第一原子力発電所と東京駅までの距離は255km。車の移動時間として3時間35分です。

私たち日本人は、福島原発がメルトダウンしたとき…いや、した後も、被災地を除いた地域のほとんどの人がそのまま自分の土地に住み続けています。東京に至っては、ほとんどの人がそうでしょう。それは、そこまで危険では無いと知っているからですよね。

しかし、当時の外国人の反応は違いました。「東京は危険だ!」と言って多くの外国人が日本を去って行きました。

私は、今のフィリピンと数年前の日本との状況が重なって見えます。みんな、自分の国は安全だと知っていますが、外国から見たら危ないのと感じてしまう…でも、元々人間というのはそういった生き物なのかもしれません。

次に現地の語学学校経営の現場からの手紙を紹介します。

(つづく)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 業界分析
  1. E&G
  2. ダバオ