セブ島留学まとめ

【親子留学】セブ島実績No.1のおすすめCPILSを分析しました

更新日:2017年12月6日
親子留学中に集まって何かしている子供の写真

今回はフィリピン(セブ島)留学で実績No.1の親子留学コースをご紹介します。その学校はセブ島留学の伝統校CPILSです。こちらのCPILSの親子留学コースには沢山のリピーターがいらっしゃいます。再度留学したくなるCPILSの英語学習はどのようなものなのでしょうか?人気お勧め学校を分析してみました。

参加条件

子供の年齢が5歳以上である事が条件です。5歳未満の子供はCPILSの学生寮に入寮する事ができません。

また、親御さんと子供が別々に授業を受けますので、親離れできていない子供は参加できません。

※航空券の所得方法などに精通している必要はありません。ご自分で格安航空券等を予約できる方はお任せしますが、もし航空券の所得方法がわからなければ、こちらで旅行代理店を使ってパッケージツアーを制作します。(日本とセブ島を往復する航空券をご用意します)

※トイレにはウォシュレットはありません。

具体的なレッスン数

対象者 マンツーマン グループレッスン
50分×3コマ 50分×2コマ
50分×2コマ  50分×3コマ(アートクラス含む)

CPILSの授業はマンツーマンレッスンとグループレッスンが合わさったカリキュラムです。日本人はマンツーマンレッスンを重視しますが、外国人(主にアジアの国々)と一緒にレッスンを受ける経験は、マンツーマンレッスン以上に高い効果を生み出します。

コースの概要

親子留学中の食事の写真

CPILSの親子留学コースはお遊びではありません。しっかりと英語学習をするための留学です。そういう事もあり、日本のサービス過剰となっている英語学習教室に比べたらカリキュラムは少し厳しめです。しかし、生活全てを英語学習に充てる事ができる、とても素晴らしい環境です。

期間

留学期間は必ず1週間単位です。1日だけや3日間だけという超短期のお申込は出来ません。

月曜日に入学(レベル分け)テストを行うので、CPILSへの入寮は日曜日までにお願いします。そして毎週金曜日には卒業式があり、誰かしら卒業をして行きます。学校は土日が休みとなります。
※多くの方は日曜日にフィリピン入国、土曜日に帰国しています。

宿泊・滞在

基本的に宿泊は親子同室となります。宿泊は校舎の上部にある元ホテル施設。部屋にはシャワー、トイレ、ベッド、勉強机、クローゼット、エアコン、ケーブルが完備されています。

授業スタイル

授業は親子で別々です。子供は子供のマンツーマンレッスンと子供だけのグループクラス。大人も同じようにマンツーマンレッスンと大人のグループクラス(高校生〜シニアまで)となります。

※無料の選択クラスのみ一緒に受講可能

工夫された子供クラス

子供のクラスには、アートレッスンがあり、工作や絵を描きながら英語を使う習慣を身につけます。小さなお子さんの中には、英語レッスン中だと気がつかない子もいるようです。

夏休み中はチャイルドルームを開設

夏休み中はチャイルドルームが開設されており、子育て経験がある専門スタッフが子供の宿題や予習復習を手伝ってくれます。その間、親御さんは自由時間として利用できます。

食事はバイキング形式

食事は3食ともに学校が準備をしてくれます。食堂でバイキング形式(バイキングレストランではないのでご注意)の食事となりますので、各自が食べたいものを好きなだけ選ぶ事ができます。フィリピン(セブ島)留学では、食事に問題がある学校がありますが、CPILSの食事は安定しています。

まとめ

いかがでしょうか?

今やフィリピン(セブ島)留学も、親子で留学することも珍しくはありません。ただ、留学する先の語学学校選びは、今まで以上に大切になります。本当に良い学校は限られていますので、当社では是非CPILSをおすすめします。

  1. 親子留学・ジュニアキャンプ
  1. CPILS

お問い合わせをする

0422-24-6081受付時間(年中無休)10:00~21:00

些細なことでもお応えいたします。

無料セブ島留学留学説明会