セブ島留学まとめ

【口コミ】フィリピン(セブ島)留学で英語力が上がった場面ベスト3

更新日:2018年1月7日
英語が閃いた瞬間のイメージ写真

フィリピン(セブ島)留学は英語力を上げるための留学です。海外で実際に英語を話しながら英語学習をする事により、日本の学校や図書館でコツコツと学習する以上の成果を出す事ができます。

しかし、そんな素晴らしいフィリピン(セブ島)留学の学習効果は一定ではありません。人によっては少しづつ英語力が上がった方もいらっしゃいますし、中には爆発的に英語力が上がった方もいらっしゃいます。そこで、急激に英語力が上がった場面(シチュエーション)はどんな時だったか?留学体験者に聞いた口コミを参考にランキング形式でご紹介します。

第3位.外国人の友達が出来た時

外国人の友達の写真

まず最初は留学業界の定番、外国人の友達が出来た時です。これはフィリピン(セブ島)留学に限らず、オーストラリアやカナダ、そしてアメリカに行ったときも同じです。

日本語が通じるのは基本的に日本人だけ。毎日一緒に生活する同級生が外国人であれば、当然毎日授業の後に話す言葉は英語になります。日常生活で英語を使う事により、より一層英語力は上がります。

特に、みんなで一緒に外出したり、冗談を言い合ったり、わからない事があった時に助け合うような経験があると、それを期に自信が付き、閃く瞬間があるようです。

第2位.マンツーマンレッスン

フィリピン(セブ島)留学の授業風景の写真

フィリピン(セブ島)留学では、欧米の留学と違ってマンツーマンレッスンがメインです。マンツーマンレッスンでは、教室に生徒と先生が2人だけで学習が進みます。

一般的な授業では先生が講義を行い、生徒は聞くだけですが、マンツーマンレッスンでは生徒が話をし、先生が聞く方に回ります。例え話す事が苦手なシャイな日本人だったとしても、授業の授業時間の30%は英語を話さなくてはいけないでしょう。

この英語を話さないと授業が進まないというプレッシャーは、良い意味で効果的です。何故かと言うと、最初にきっかけを掴んでしまえば、英語を話す事自体には抵抗が無くなるからです。この抵抗が無くなった瞬間、自分の頭から意識しなくても英語が流れ出てくる体験を、フィリピン(セブ島)留学はプロディースしてくれます。

第1位.トラブルに巻き込まれた時

留学中のトラブルのイメージ写真

表向きには言えませんが、留学代理店(エージェント)として活動していて、一番英語力が上がったと口コミをいただくのはトラブルを通じての体験です。

通常の生活と、崖っぷちに追い込まれた時とでは、脳が活性化する度合いが違います。人間は危機に直面すると、想像以上の能力を誰でも発揮できるのです。もしかしたら火事場(かじば)の馬鹿力(ばかぢから)という力かもしれません。

具体的に過去にあったケースとしては、男子大学生の留学生がスマートフォンを外出中に紛失してしまった例がありました。土曜日の深夜に彼から連絡が来た時の事は良く覚えています。同室の韓国人にパソコンを借り、Facebook経由で日本の私のところに連絡が来ました。その後、彼はフィリピンの地元の警察に行ったのですが、当然ながら現地の警察官は日本語がわかりません。そんな中、英語を使って状況を説明をし、盗難届を書いてもらいました。この時、彼は「人生の中で一番緊張し、今までで一番英語力が上りました!」と言っていました。

しかし実は、多くの日本人はトラブルになった時に逃げてしまっていると聞いています。勇気や覚悟が足りないと言ってしまえばそれまでですが、トラブルに合った時に相談できる人がいないのも原因かと思います。

海外で英語を使ってしっかりとトラブルに立ち向かった時、何事にも変えられない素晴らしい経験へと変わります。例え、そのトラブルが解決しなかったとしてもです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上の3つを読んでいただれば、フィリピン(セブ島)留学で英語力が上がる理由が何となくわかると思います。世界一安全な日本で生活しながら、快適な環境で学習し、何不自由なく生活できる場所での英語学習と、右も左もわからない外国へ飛び込んでの英語学習は全く別物です。

私は、ぜひ多くの日本人がこのフィリピン(セブ島)留学に挑戦して欲しいと思っています。興味があれば、お問い合わせください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学
  1. おすすめポイント