セブ島留学まとめ

【留学代理店(エージェント)選び】セブ島留学サポートセンターを選ぶメリット

更新日:2018年2月5日

はじめまして。株式会社DELPO(屋号:セブ島留学サポートセンター)の代表、永井です。

今回の記事では、弊社のご紹介をさせていただきます。フィリピン(セブ島)留学を扱う数ある旅行代理店や留学代理店(エージェント)の中で、どのようなサービスを提供する会社なのか?そして弊社を選ぶメリットをご紹介します。個性的な仕事をする会社として、候補の1つにしていただけたら幸いです。

個性的なサポート

個性的なサポートの写真

まず最初に弊社の個性的なサポートについてご紹介します。弊社は小さな留学代理店という特徴を活かし、初めての留学で心配な方を適切にサポート致します。

遅くまで留学相談ができる(営業時間はAM11:00〜PM21:00)

まず最初にご紹介するのは営業時間です。弊社の場合、毎日夜のPM21:00(午後9時)までお電話での相談、そして弊社(東京都三鷹市)にご来店いただいてのご相談をお受けしています。仕事終わりに相談したい方、又は仕事を終えてからお子さんの留学を相談したい親御様にとっても便利です。午後9時ピッタリに閉店になるわけではありませんので、実質的に夜の10時頃まで相談することが可能です。

フィリピン(セブ島)留学の語学学校に到着するまでサポート

ほとんどのお客様のフィリピン入国は日曜日です。弊社は週末にお客様が現地の語学学校に入寮するまでサポートを続けます。実質的に何をするかというと、もし悪天候のトラブルなどで飛行機の到着時間が大幅に変更になった場合や、フライトの行き先が変更になった場合、お客様と現地の語学学校スタッフと連絡をとりあい、皆様が現地の学校に入寮するまでサポートを続けます。

大きな会社の場合、土曜日と日曜日はスタッフがお休みですし、深夜に現地到着する場合はサポートもありません。なぜ大企業が祭日や深夜のサポートサービスができないかというと、もしそのサポートを行えばお客様にとっては安心ですが、働く従業員にとってはブラック企業になってしまうからです。弊社の場合は、代表の永井が週末のサポートを行いますので労働基準法に抵触しません(経営者には労働時間の背成約がありません)。

留学中も続くサポート

実際に留学してしまったら、留学代理店(エージェント)が行う仕事は実質的にはありません。しかし、弊社では2つの留学中のサポートを引き続き行って行きます。

クレーム対応(意見)

1つ目は語学学校へのクレームです。通常の問題点の改善などは現地の日本人スタッフに対して指摘していただきますが、なかには現地のスタッフには言いにくい事などがあるかもしれません。マンツーマンレッスンのフィリピン講師との相性が良くない、食事が口に合わないなどの小さい事から、生活ルールを守らない他国の大学生がいるなどの指摘まで、何でも日本の永井の方までご相談ください。誰のクレームかとわからないように現地スタッフに伝える事も可能です。

学習サポート

2つ目は学習サポートです。現地のフィリピン人講師との英語レッスンでは日本語を使いません。授業も質疑応答も全て英語です。なので、どうしても英語で理解できない部分があった場合は、パソコンを使って自分で調べるか、日本から持参した参考書を使って自習する事になります。インターネットを使いこなせる若い人などにはこの自習は問題ありませんが、シニアの方などには少々難しくなります。こういった時に、LINEなどのSNSを使ってご質問頂ければ、弊社のスタッフがレッスンで理解できない部分を講師に変わってお伝え致します。

健全経営

健全な経営のイメージ写真 

次にご紹介するメリットは健全経営というメリットです。最近は大手格安旅行代理店てるみクラブが倒産し、旅行を予約していた方がサービスを受ける事ができないという事例や、他業種ながら成人式の日に振袖を提供できず計画倒産の疑いがあるはれのひ株式会社などの例が続いています。そこではお客様にお約束したサービスを提供できないばかりか、お預かりしたお客様の資金が返って来ないというトラブルにまで発展しています。ご利用になる前に、その会社の健全性を調べる事はとても大事になっています。

国の補助金を受けて設立された会社です

弊社は2013年に国の補助金を受けて法人化した会社です。そのため、今でも審査機関に営業報告書を提出し、チェック受け続けています。公序良俗に反する事や、評判が悪くなるような仕事はできません。適度な緊張感があるが故、健全な経営が続けられています。

スタッフは少数精鋭

弊社が健全経営を続けられる秘密の1つは、人件費の低さになります。創業時は近所の東京外語大学の学生(ネイティブレベルの英語力を持つ帰国子女)数人に手伝ってもらいましたが、今は日本で活動するのは営業を行う代表の永井と経理・事務のスタッフの2名のみ。大きなお仕事をいただいたときは、その都度人脈を活用してお仕事を外注、又は現地の語学学校スタッフにお願いしております。このような経営努力を続け、売上に波がある留学代理店において堅実な経営を続けています。

会社の事務所は第三セクター(半官半民)の共同オフィス

弊社のオフィスは東京都三鷹市という郊外(井の頭公園やジブリの森美術館が近くにあります)にある産業プラザ内にあります。しかも、パーティーションで区切られた共同オフィスを利用していますので、家賃は3万円。これが弊社の健全経営のもう1つの秘密です。もし渋谷や新宿に豪華なオフィスをワンフロアで構えた場合、家賃は10万円や20万円ではすみません。それらは全て皆さんの留学費用からまかなわれます。

業界のベテランです

ベテランのイメージの写真

実は留学業界は非常に独特な環境です。大きな旅行代理店が大きなシェアを持っている半面、小さな旅行代理店や留学代理店(エージェント)は絶えず設立、撤退を繰り返しています。今や数える事が出来ないほど乱立していると言われているフィリピン(セブ島)留学の語学学校と留学代理店ですが、5年以上健全経営を続けていられる会社はそれほど多くありません。お客様が想像される以上に厳しい業界です。

一人一人にあった留学プランをご提案

豊富な知識を活かし、留学を希望されるお客様一人一人に留学プランをご提案します。このような留学プランの提案は言うのは簡単ですが、実行するのは非常に難しい技術です。留学代理店の中には特定の語学学校のみをご紹介している会社もありますが、弊社はお客様のご希望にあわせて多くの語学学校の中から留学プランをご提案させていただいています。ハードに学習できるプランからリラックスして学習できる環境まで、幅広くお選びする事ができます。留学地もセブ島だけでなく、バギオ・バコロド・ダバオなど幅広くご用意しております。

現地の語学学校スタッフとも交流

弊社は現地の語学学校スタッフとも頻繁に連絡をとり合っています。学校のパンフレットやホームページだけでは紹介しきれない現地情報をのフィリピン在住のスタッフから聞く事が何よりも大事だと考えています。また、連絡が無かったとしても、弊社から留学しているお客様の様子を聞く事も大事な仕事だと考えています(実際に留学している方は気にされないと思いますが)。そういう事もあり、留学先の学校に勤務する日本人スタッフの人柄を伝えながら留学プランをご紹介する事が可能です。

業界の事に詳しい

弊社は地道な営業経験があるので、業界の事に詳しいです。過去にあったトラブルや大きな事件などは、ほとんど日本で紹介されていません。良い事も悪い事も留学前にお伝えし、できるだけ安全に留学生活が送れるように尽力します。

法人様対象に教科書作成をご提案

英語を勉強する女子学生の写真

また、法人様や学校法人様に向けて個別に学習プランを作成する事も可能です。語学研修だけでなく、新入社員研修としてもフィリピン(セブ島)留学をご利用頂く事ができます。

個別の会社の研修にあわせた英語授業ができます

飲食店やIT業界、又は独自のサービスを行っている会社などへ、研修に合わせた英語学習プランを作成することが出来ます。事前に日本語のマニュアルや資料を弊社に提出していただき、それを元に学習プランを作成致します。

専門学校(専修学校)や大学の専門課程を英語で学習できます

専門学校や大学の専門課程の独特な英語を学習する事が可能です。工場関連やサービス業界でニッチな英語を使われる会社の方にもおすすめです。事前に日本語のマニュアルや資料をいただいて、ご説明いただければ、教科書を個別におつくりする事も可能です。

中学や高校の留学でもご利用頂けます

最近は英検やTOEICが大学の推薦で使用されている事もあり、資格試験対策に力を入れている中学や高校が増えています。このようなメジャーな試験では、もう既にフィリピン(セブ島)留学で使用できる教科書が作成されています。もし興味がある学校法人さまがございましたら、事前に内容を確認する事が可能です。

最後に(まとめ)

以上が弊社でお申込頂けるメリットのまとめとなります。弊社は大きな会社ではありませんが、より良い留学をご紹介する為に努力を惜しみません。また、しつこい電話営業や値下げによる勧誘、契約を急がせるような販売は致しませんので、安心してご相談ください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報