セブ島留学まとめ

【超英語初心者向け】フィリピン留学・セブ島留学前に読んでおくべき本まとめ

更新日:2018年7月12日

フィリピン留学・セブ島留学に行って、マンツーマンレッスンを受けるだけでは英語は話せるようになりません。留学前の予習が大事です。留学前の予習をする事により、短期間でも高い英語学習効果が望めます。

そこで、当社でおすすめしているのが本を使っての英語学習です。

じっくりと考えながら自分のペースで学習できる本は、最初から英語を勉強しなおす英語初心者にとっても最適です。特に文法関係の本は、1冊で中学3年間分の内容が収まっていますので、1冊の本を学習すれば中学3年間分を復習した事になります。本は後半に進むにしたがって徐々に難しくなりますが、簡単な前半をしっかりと学習しておけば、後半でつまづく事もありません。

そして、本の場合は自分がどれくらい勉強が進んだか一目でわかります。だから、留学開始までの学習計画をたてやすい。ページ数で管理できるので、スマホのアプリを使っての学習よりハッキリ言って便利です。

眼鏡&読書の写真

そこで、今回は超英語初心者向けに、ゼロから英語を学べる本をご紹介します。フィリピン留学・セブ島留学までにこちらの本を理解すれば、効果は必ずあります!留学が決まっている人も、ぜひ頑張って勉強してみてください。

文法(ぶんぽう)

まず最初に文法書です。本来は日本人が一番得意としている英文法ですが、英語が苦手な人は一番理解できていないところが、この文法です。最初は難しいかもしれませんが、少しづつ、少しづつ理解してください。

ビッグファットキャットの世界一簡単な英語の本

英語学習参考書ビッグファットキャットの写真

まず最初にご紹介するのがこちらの本です。ベストセラー本なので、ブックオフでは100円コーナーの定番。Amazonでは1円。メルカリでも最低価格の300円で購入できます。

しかし、そんな抜群のコストパフォーマンスとは裏腹に、本の内容はよく考えられています。愛くるしいキャラクターを使ったストーリー仕立てで話が進み、その話を元に説明してくれる英語の文法部分もカラフルで見やすい。しかも本としては薄いので、毎日少しづつ学習しようと思っても、1週間あれば誰でも終わってしまう学習量です。

どちらかというと女性や子供向けの内容ですが、まずは読んでみる事をおすすめします。この本を読んでも難しいと感じたら、次にご紹介する英文法のトリセツを読んでみてください。

英文法のトリセツ—英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編

英文法のトリセツの写真

次に紹介するのが、文法を本当に丁寧に説明してくれる「英文法のトリセツ」です。

英語を勉強していると、「そもそも、なんでそうなるの???」という疑問が出てくる事があります。そして、その疑問が頭にひっかかると、勉強が全く進まない人も沢山いらっしゃるかと思います。この本では、そのような疑問が頭にのこると勉強が進まない人に、疑問のほとんどを解説し、その文法の理屈を詳しく教えてくれます。

be動詞とはそもそも何なのか?品詞とは?5文型とは?などなど、本当にわかりやすく説明してくれます。ただし、文章がほぼ全て友達と会話をしているような会話口調となっていますので、説明がやや長めです。しかし、難しい言葉が苦手な人でも理解できるくらい、とてもわかりやすい内容となっています。こちらは、かなりおすすめです。

c(スーパーステップ)

くもんの中学英文法の写真

最後にご紹介するのは辞書代わりにもなる一冊です。

こちらのくもん式の本は、中学3年分の英文法の全てがコンパクトに1冊に収まっています。日本国内で1つ1つ学習するのにおすすめなのは当然ですが、「留学に持参し、わからない事があった時にその場所だけ読みなおす」そんな使い方もできます。

ただし、1つ1つがかなり「こうなります」と説明をされているので、暗記が苦手な方には頭に入りにくいかもしれません。暗記が苦手な方は「英文法のトリセツ」で理論的に学びましょう。

発音(はつおん)

次に発音についてです。発音はフィリピン留学・セブ島留学が最も得意とする学習範囲ですが、それでも予習しておくに越した事はありません。日本語には無い感覚がありますので、少しでもイメージできるようにしておけば、現地で楽に学習はすすみます。

ただし、フィリピン留学・セブ島留学の発音は発音記号を使っての学習です。フォニックス(スペルの並びを見て発音する)で勉強してしまうと、留学で最初からのスタートになってしまうので、予習には出来るだけ普通の発音記号を使った本を選びましょう。

工藤夕貴のアイウエオ式発音革命―英語DVDブック (AC MOOK NHK英語でしゃべらナイト別冊シリーズ 9 英語DVD)

工藤夕貴のアイウエオ式発音の写真

実はこの本、良く出来ています!この本では、英語の発音を最初から学習するのではなく、英語を日本語の「アイウエオ」になぞって覚えるという画期的なアイディア。ウルトラCで発音を学習します。

つまり、正しい英語の発音と日本語の発音の間に橋をかけ、その橋の上で、日本人が覚えやすい順番で英語を学習するのです。発音記号を1つ1つ学習するのは本当に大変ですが、この方法で学習すると、間違えやすい発音もあらかじめ理解できるので、かなり楽です!

しかも、DVDがついているので、工藤夕貴さんと同じ口の形を見ながら覚える事が可能です。ただし、この本だけでは発音は完全にはなりませんので、この本プラスフィリピン留学・セブ島留学が最適です。

英単語(えいたんご)

次に英単語です。英語が苦手な人の中には、ただ単純に記憶が苦手な人もいます。そんな人にとって、英単語のスペルを覚えるのは本当に大変ですよね・・・日本語の場合は聞いたまま書けば良いのですが、英語の場合は発音しない字が混ざっていたり、同じスペルなのに読み方が違ったりと本当に混乱させてくれます。

しかし、実は英語の単語にも法則があるのです。それさえわかってしまえば英単語を覚えるのはだいぶ楽に・・・いや、少し楽になりますし、何よりも覚えるのが楽しくなります。そういう訳で、とにかく単語を覚えるための足がかりとなる本をご紹介します。

英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑の写真

実は本当は別におすすめの本があったのですが、そちらのタイトルがどうしても思い出せないので、ネットで中身が確認できるこちらの本をおすすめします。

実際に本を開けばわかりますが、英単語が大きなわかりやすい絵と言葉のパーツで説明されています。言葉のパーツとは、例えば「serve」という「保つ・守る」という単語があり、その前に「ob」という「前」の意味を持つ単語をつければ、「observe」という意味になり、観察する・気づくという意味になります。また、「re」という「後ろ」という意味の単語を「serve」につければ「reserve」という「予約する(後ろで保つ)」という意味になります。

どうでしょう?目からウロコだとおもいませんか?

英作文(えいさくぶん)

最後に英作文です。英作文とは、英語の文章を作る事です。英語で作った文章を相手に届ける事がスピーキング。そして2人でコミュニケーションをとるのが英会話と言い換える事が出来ると思いますので、その基礎となる英作文はとても大事です。これはフィリピン留学・セブ島留学で嫌というほどやる事になるので、わざわざ時間をとって勉強する必要はありませんが、もし余裕があれば留学前にも挑戦してみてください。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの写真

こちらは、とにかく沢山の文章を作る練習に使えます。使い方もシンプル。左側にある日本語を英語に変えるだけです。答えとなる英語は右側に書いてあるので、すぐに答え合わせができます。しかも、全て短い単文なので、サクサクと学習を進める事ができます。

そしてもう1つこの本の良い所としては、学習する内容ごとに英作文の問題がまとまっている事です。例えば、「関係代名詞を学習したら、関係代名詞の英作文の問題だけ解く」という使い方が出来ます。初心者であれば、不定詞の英作文のつくり方、副詞の英作文のつくり方だけ解くなど、とても使い勝手が良い問題集です。

まとめ

読書&コーヒーの写真

いかがでしょうか?

フィリピン留学・セブ島留学前に基礎英語を予習しておく事はとても大事です。せっかくの留学のチャンスをみすみす逃がさないように、是非本を片手に挑戦してみてください。英会話教室等に通うより、非常にお得に学習する事ができます。特に留学の先にワーホリ等の目標がある人は、費用の節約にもなりますから、絶対です。

また、弊社では留学前に短期間で英語を学習する速習授業も行っています。もし、興味のある方はご連絡ください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  2. セブ島留学手続き
  1. 英語学習サポート
  2. 英語初心者