セブ島留学まとめ

「あなたは英語力が低いからスパルタCGは無理」は本当か?セブ島留学・フィリピン留学のウソ

更新日:2018年7月25日
やる気を失った犬の写真

2018年の夏休み前、10月から留学を希望されている大阪の方と電話とメールで留学相談をしていました。本人が英語初心者だった事、英語学習に本気だった事、セブ島留学後にワーホリを考えていた事から、弊社ではスパルタ校であるセブ島のCGさんをおすすめしました。そして話がほぼまとまり、お申込書をお渡ししたところで事件は起こりました。

突然、相談していた人から「やっぱり○○○という学校が良いと思いました」とメールが届いたのです。私は「何故ですか?」と聞いたところ、「他のエージェントに『あなたは英語力が低いからスパルタのCGは無理』と言われました…」という事でした。どうやら、他のエージェントが顧客を奪うためにウソの情報を流したようです。

CGの生活風景の写真

本気で英語力を上げたいと思っている英語初心者にスパルタをおすすめしないで、遊べてしまう学校をすすめるとは・・・現在のセブ島留学では顧客獲得競争が激化していますから、留学生の目的達成ではなく、自社の売上目標達成のために何でもする会社もあるようです。

とはいえ、そうやってウソの情報で惑わされてしまったのは、信頼してもらえなかった私の責任かなーとも考えています。そこで、「スパルタは初心者でも留学できますよ!」という告知のブログを私が書いて、正しい情報をみなさんで共有してもらえたらと考えました。どんな学校に留学して良いかわからない方も、参考の1つとして是非ご覧ください。

元々スパルタは英語力が低い人向けにつくられたコースです!

若葉(初心者)マークの写真

最初からビックリされる人もいるかと思いますが、カリキュラムがギッシリと詰まっているスパルタ校は、元々英語初心者向けにつくられた学校です。平日に母国語禁止のEOPを取り入れ、毎日夜遅くまで英語学習し・・・という環境は、日本人からしたらレベルの高いガリ勉タイプの人が留学する語学学校と思うかもしれません。でも、そんな事はないんです。

大事なのは学習時間の確保

指示する女性の写真

まず最初にスパルタ校と言えば、沢山のレッスンと夕食後も学習時間が続くカリキュラムが連想されます。ちなみにセブ島留学のCGでは、毎日学習時間は12時間以上確保されています。

「そこまで英語学習して飽きないの?辛くならないの?」

と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際に留学してみると毎日がジェットコースターに乗ったようにあっという間です。一般的な学校では、生徒が話を聞く側なので、暇だと眠くなってしまいます。しかし、セブ島留学では全く逆の事が起こります。生徒が話をしなくてはいけないので、眠たくなる暇が無いのです!

だから、一日の最後は「疲れた!寝る!」という状況になりグッスリ寝れます。このブログを書いている私もCGに留学経験がありますが、自習時間を過ぎてもノートをまとめていた記憶があります。強制的に学習時間が確保されていますが、それ以上の時間を復習に充てていました。日本にいた時は、あんなに勉強嫌いだったのに…人は環境によって変わるんですよね。本当に実感しました。

学習に集中できる環境【周りに流されない】

周りに流されないイメージの写真

もしセブ島留学中に英語学習に集中できなくなるとしたら…どんな理由が考えられるでしょう?

もちろん沢山のネガティブな理由が考えられるかと思います。しかし、その中で一番は間違いなく【周りに流される】です。

授業が終わった放課後、自分は昼間のレッスンの復習がしたいのに、みんなと一緒に飲みに誘われる。毎日じゃなければ良いですけど、毎日飲みに行く日本人に気に入られたアウトです。断ったら印象を悪くして学校で仲間はずれにされるかもしれません。そんなことではフィリピンにまで留学に来た意味がありませんよね?

また、授業と授業の間に日本人に日本語で話しかけられる事もあるかもしれません。それ自体は問題はありません。英語学習のお悩み相談など、建設的な意見交換なら多いに結構です。

しかし・・・留学してみるとわかりますが、日本人も決して良い人だけではありません。自分の無駄話に付き合わせようとするおばさんや、留学中に若い女の子を狙っているおじさんもいます。また、グループで留学している大学生もいます。そういった人達に誘われた時に、日本語はとても断り辛い。結局、嫌な話にダラダラと付き合わされてしまう事もあります。そういった意味でも母国語(日本語)禁止のEOPルールや外出禁止、又は厳しい門限がある語学学校はおすすめです。

人は低きに流されると言いますが、意識の低い人がいない環境、もしくは意識の低い人が出ない環境での留学がおすすめです。まさにその為に必要なのがスパルタ環境です。元々英語を学習したい本気の人が集まる語学学校で、学校内に意識が低い人が出ないシステムを持っていれば、その雰囲気を維持するのは思ったほど難しくはないかもしれません。

ちなみに、CGのスパルタキャンパスでは高校生(又は18歳以下)の留学をお断りしています。つまり、年齢制限を設けることによって、親から嫌々セブ島留学に来させられているやる気のない留学生も排除しているのです。

成果を出さないと許されない韓国社会

韓国の国旗の写真

実はスパルタ式を掲げている語学学校は韓国人経営がほとんどです。韓国では日本以上に受験社会になっており、良い会社に入社するために大学生は一生懸命に英語を勉強しています。一流企業に入るためにはTOEIC700点が足切りだと言われています。

そのため、成果を残せない語学学校は信用されませんし、留学生の英語力が上がらない学校はリピート客も期待できません。もちろん韓国人は価格に非常にうるさいので、少しでも安い留学費用を希望します。しかし、残念ながらそういった客は質も悪いので、韓国人経営の語学学校でさえも、現在は安かろう・悪かろうでは経営が上手くいっていかず、倒産したり身売りしている学校もあります。

スパルタでもレベル分けシステムにより初心者から上級者までOK

CPILS女性講師の写真

次にシステムの紹介をしたいと思います。実はフィリピン留学・セブ島留学のほとんどの語学学校では、初心者から上級者まで幅広く受入れをしています。キャンパスが2つ以上ある語学学校などでは、初心者向けキャンパスと上級者向けキャンパスを分けている学校もありますが、それは本当に数少ない例です。

そして、初心者向けをスパルタキャンパスにしている「バギオJIC」、上級者向けをEOPにしている「PINES」など、どちらをスパルタ・タイプにしているのかは学校ごとに違います。

CPILSは18段階、CGは14段階でレベル分け

CGのレベル分け表の写真

では、上級者向けキャンパスと初級者向けキャンパスが別れていない語学学校は、いったいどうやってレベルの違う生徒を集めて授業を進めているのでしょうか?実は学生の英語レベルを、細かくレベル分けしているのです。セブ島留学語学学校の名門CPILSは18段階でレベルを分けていますし、スパルタのCGは14段階でレベル分けをしています。

これだけ細かくレベルが分かれていれば、レベルの差があって授業についていけないということはありません。グループレッスンは、ほぼ同じ英語レベルの学生だけが集まって授業を受ける事ができます。だから英語初心者や英会話が全く出来ない人でも問題無く、恥ずかしがらずにレッスンを受ける事ができます。

※ちなみにCPILSはスパルタ校ではありませんが、スパルタコースが用意されています。授業はスパルタと普通のESLを選ぶ事が可能ですし、もちろん留学中にコース変更する事もできます。

入学初日に必ずレベル分けテストがある!

レベル分けテストの様子の写真

では、いったいどうやって生徒のレベルを判別しているのかと言うと、留学初日に必ず行なわれるレベル分けテストです。一般的には1時間のペーパーテストとヒアリング、そして面接のスピーキングテストを行ないます。こちらのテストで留学生のレベルを見抜きます。

ほとんどの学校で「スピーキング」「リーディング」「リスニング」「ライティング」の4項目をチェックされ、それぞれの科目で細かくレベル分けされます。これにより、リーディングとリスニングはHigh beginner(上級者レベル)だけど、スピーキングとライティングはlower-intermediate(初中級レベル)という各科目ごとに個人のレベルがわかります。その項目ごとに同じレベルの人が集まって効率的な学習が出来るのです。

日本の学校と違い、フィリピン留学・セブ島留学の語学学校は、格安な留学費用でここまで細かく生徒をチェックしてくれます。日本で1人で英語を勉強していて伸び悩んでいた人が、フィリピンで英語を勉強して大きく伸びるのは、マンツーマンレッスンだけでなく、レベルをしっかりと見てもらえる事も理由の1つなんです。

月に一回のレベルチェックテストでレベルアップを判断!

CGマンツーマンレッスンを受ける女性の写真

そして当然学習を進めていれば英語レベルは上がってきます。そこで月に1回、全校生徒が対象のレベルチェックテスト(進級テスト)が行なわれます。これにより、再び自分の英語レベルが判断され、グループクラスは再編成となります。人によっては1段づつ上がっていく人もいるでしょうし、2つくらいレベルがアップしてしまう人もいるかもしれません。

このレベルチェックテストは留学生にとって大きなプレッシャーがかかるようですが、当然ほとんど全ての方がレベルアップしますので、結果的に留学生の大きな自信につながっているようです。だから、日本からフィリピンに来たとき・・・の、入学時の英語レベルはほとんど関係無いのです。スパルタだから初心者は無理ということはありません。ほとんどの人が初心者なんです。

それでも心配な英語初心者は?

ここまで英語初心者だったとしても、本気で英語力アップが狙えるスパルタ校に留学できると説明を続けましたが、もしそれでも心配な方はいったいどうしたら良いでしょう?そんな時こそ、弊社にお任せください。しっかりと英語力アップするプランをご紹介します。

留学前に中学生レベルの基礎学習をしっかりとやればOK!

中学生英語を話すネイティブのイメージの写真

フィリピン留学・セブ島留学のお申し込みは、留学1ヶ月前〜3ヶ月前くらいが一般的です。ということは、最低でも1ヶ月は英語学習に充てる事ができるはずです。その時間を使って、中学生レベルの基礎英語をしっかりと学習しましょう。この中学生レベルの英語学習をしっかりと行なえば、どんな学校でも入学して授業についていけないという事はありません。IELTSなどの点数保証コースには入れませんが、スパルタに入れないということはありません!

勉強が苦手な英語初心者は日本で留学前に基礎レッスンを行ないます!

おばちゃんと話す留学エージェントの永井の写真

これは弊社独自のサービスですが、英語力が低い人向けに基礎英語レッスンを行ないます。たいした事をやる訳ではありませんが、基礎をきっちりと確認します。この基礎レッスンを受講してから留学するのと、まったく受けずに留学するのとでは全くスタートダッシュが違います。

もし1ヶ月程度の短期留学であれば、効果は倍くらい違うのではないでしょうか?

留学最初でつまづく単語をピックアップ!

英単語帳の写真

実はフィリピン留学・セブ島留学で必要になる英単語と日本で英語を学ぶ時に必要な英単語は少々違います。そこで、弊社では、留学で役立つ英単語を皆さんに紹介しています。既にTOEICのスコアが500点以上の方や、IELTSやTOEFLの学習をしている方には必要ありませんが、英語初心者には絶対に必要な単語集を集めたプリントをお配りします!

弊社の前身は杉並区・西荻窪での英会話教室だったので、初心者向きのノウハウがしっかりと残っています。これを是非活用させてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ます最初にスパルタは初心者でも大丈夫、もしくは初心者こそスパルタコースだということをご紹介しました。そして次にフィリピン留学・セブ島留学の語学学校で学習するときは、細分化したレベル分けにより、初心者でも安心してみんな一緒に学習できる事がご理解頂けたと思います。そして最後に弊社のサービスを使っていただければ、更に安心ということもお伝えしました。

もし、英語初心者でフィリピン留学・セブ島留学に挑戦しようとしている人の中で、【本気で英語力アップ】を考えている方は、是非当社にお問い合わせください。代表の永井がしっかりと留学前の英語学習のサポートし、スキルアップができる語学学校をご紹介させていただきます。逆に、セブ島で遊べれば良い。勉強にはそれほど興味が無い、安ければ何でも良いという方は、他社をご利用ください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  1. スパルタ
  2. 英語初心者