セブ島留学経験者の声

WALESは大人留学にぴったりの学校!

WALESの外観の写真

名前:RYOKO

留学期間 :1ヶ月(4week)

英語レベル:中級

留学前後での英語レベルの変化

留学前
LEVEL2 英単語や英文法が少しだけわかる
TOEIC 415 |

留学後
LEVEL3 簡単な英会話ができる
TOEIC 560 |

食事

食堂の食事がとても美味しかったです!

WALESの食事の写真
毎回写真に撮っておいたので、いまでもときどき見ています。食堂スタッフも気さくで英語でおしゃべりのつきあいもしてくれました。

インターネット

部屋ではWi-fiで常時インターネットがつながります。

WALESのWi-Fiの写真
仕事をもってきていましたが、そのおかげで留学しながら仕事も続けられました。授業中の教室はWi-fiが入らないようになっているので、授業中に気が散ることはありません。(夜の自習時間は教室のWi-fiの電波も飛んでいます)

【総評コメント】

40を過ぎてから英語の習得がしたくて、気候のよいバギオを選んで留学しました。

バギオの風景の写真
実際に行ってみると、バギオは気候だけでなく、人も治安もよくて、本当にフィリピンの中でも一番のお気に入りの街になりました。今回行けたのは1ヶ月でしたが、その短い期間でも私の中であった英語へのコンプレックスはなくなり、まずコミュニケーションへの恐れが消えました。

【その他、この学校について特筆すべき点は?】

とにかく大人でも、柔軟に対応していただきました。 WALESの教室の写真特にスパルタ式カリキュラムは、体力的に私には負担だったので、標準より少なくしてもらい、自習を多くしてもらいました。部屋についても体調の都合で一人部屋を途中から希望したのですが、事務局で検討してもらい、このときは一人部屋に変えてもらうことができました。また到着早々体調をくずしてしまったのですが、日本人スタッフさんと先生のおかげで、すぐにクリニックにかかることができ、安心した留学生活を送ることができました。

【実りある留学生活を過ごすためのポイントは?】

英語習得のためにいくので、教室で勉強することはもちろんなのですが、ぜひフィリピンの現地の暮らしも垣間見て楽しんでほしいです。

バギオのスーパーの写真

その国の地元の人が行くスーパーの品揃えをみるだけで、消費の傾向がわかります。せっかくの異国経験をするのですから、現地の人の考え、生活について積極的に知ることによってその国とその国の人たちに対する総合的な理解が深まり、留学生活を最大限に効果あるものにできるのではないかな、と感じました。

  1. WALES