フィリピン(セブ島)留学を知りたい

セブ島ってどんなところ?

  • 疑問1どこにあるの

    セブ島は東京から南へ3200km。南国フィリピン共和国の中部に位置する細長い島です。日本から直行便が飛んでおり、移動時間は往路5時間・復路4時間ほどです。

  • 疑問2セブ島へ行く方法は?

    日本からセブ島へは飛行機で行く事ができます。大手からLCCまで多くの航空会社が就航していますので、自分のニーズに合ったフライトを選ぶ事ができます。

  • 疑問3水質や水の状況は?

    現地の水道水は飲めません。学校には熱湯も出るミネラルウォーターサーバーが常備されていますので、そちらをご利用ください。インスタントラーメンもつくれます。

  • 疑問4人口はどれくらい?

    フィリピンの総人口は約9.839万人(セブ島の人口は約400万人)。若い人が多いピラミッド型の人口比率となっていますので、街は活気に溢れています。

  • 疑問5セブの学校数は?

    セブ島に語学学校は大小合わせて200〜300校あると言われています。当社では、日本人が安心・安全に留学できる語学学校を厳選してみなさまにご紹介します。

  • 疑問6セブ島のレジャー

    美しい砂浜を持つ島へのアイランドホッピング、ジンベイザメと泳ぐツアー、スキューバダイビングなどが人気です。シニアには世界遺産のチョコレートヒルズへの観光がお勧めです。

  • 疑問7街の様子はどう?

    リゾート地のイメージが先行しているセブ島ですが、まだ発展途上国です。超大型ショッピングモールがある反面、インフラの整備が進んでおらず、至る所で渋滞が発生しています。

  • 疑問8留学で注意する事は?

    体調を崩す方もいますので、学校選びには注意が必要です。また、繁華街ではスマホを盗まれる事件もおきていますので、留学中は危ない場所に近づかない事をおすすめします。

  • 疑問9セブ島の食事

    マンゴーやドリアンが有名です。また、セブ島の食事は日本と同じ醤油ベースですので、日本人の口によく合います。ただし、語学学校での食事は学校ごとにクオリティが全く違います。

  • 疑問10セブ島の名物・名産

    セブ島のお土産と言えばマンゴーやココナッツなどのドライフルーツや、パパイヤ石鹸・オーガニック製品が有名です。空港でも売っていますが、閉店時間が早いので注意が必要です。

  • 疑問11セブ島の英語ってどう?

    世界的に高いと評価を受けているフィリピンの英語力ですが、その中でもセブ島はフィリピンで一番キレイな英語を話すと言われています。英語教育は幼稚園から始まっています。