セブ島留学まとめ

【おすすめ!】高校生のフィリピン(セブ島)留学情報

更新日:2018年2月8日
高校生の授業風景の写真

数年前から話題になっていたフィリピン(セブ島)留学ですが、最近は更に注目が高まっています。欧米での留学に比べ費用対効果が高い事、マンツーマンレッスンで楽しく学習できる事などが高評価に繋がっています。しかしそれだけでなく、”フィリピンは危ない”という固定観念を持っている年配の先生方が、教育現場から徐々に減ってきている事も要因になっているかと感じます。

このような背景には、日本の大学の推薦入試の条件に英語検定やTOEICのスコアを必要とする学校、そして英語面接を行うなどの取り組みをはじめる大学も増えてきている事が要因といえるでしょう。また、これからの英語教育は、従来の大学入学試験の英語力(例、センター入試のリスニングや暗記)だけでなく、スピーキングの能力も求められます。そして、このスピーキングを大きく伸ばす事ができる教育がフィリピン(セブ島)留学だと言われています。このように、英語教育への需要はますます高まっています。

そこで、今回は高校生におすすめできるフィリピン(セブ島)留学の情報をご紹介します。

ストーリー形式で知りたい方はこちらから→【第1回】高校生のフィリピン(セブ島)留学『初めての渡航編』

一般的な高校生の留学時期は何時?

フィリピン(セブ島)留学に行く飛行機の写真

 

高校生の留学時期に関しては、以下の3つのパターンに集約されます。

【夏休みと春休み】日本の一般的な高校生向け

春休みは1週間から2週間。夏休みは2週間から3週間くらいの短期留学を洗濯される方が多いです。日本人高校生の留学は90%以上がこの時期に集中していますので、夏休みは早い段階で申込が終わってしまいます。人気が高まる期間ですので、早めのお問い合わせをおすすめします。

【1月から3月】推薦などで早く進学先の大学が決まった高校三年生

進学校といわれる高校の中には、早々と推薦などで進路が決まる高校3年生がたくさんいます。そういった学校で進路が決まってしまった子の中には、学校が丸々休みになってしまう(休んでも許される)1月から3月を利用して、セブ島留学に挑戦する子がいます。

もちろん英語に興味を持っている英語科や英文科に進学予定の高校生が中心ですが、フランス語やドイツ語を学ぶ外国語科の学生もいます。

【5月から7月】海外在住者、又は海外進学予定者向け

この時期は、新学期が9月スタートとなるアメリカなどの高校に進学予定・転校予定の高校生が短期留学します。他にも、6月から9月までが夏休みになっている国(ベトナムなど)に住んでいる日本人・または外国人の高校生も対象です。

また、4月に日本の高校を卒業して、9月からアメリカの大学へ入学予定の人もフィリピンで勉強しています。

【10月から12月】日本の高等学校のカリキュラムとして

この10月から12月の期間は一般の留学生は減り、フィリピン(セブ島)留学をカリキュラムとして取り入れている日本の高等学校からの留学生が増えます。例としては、2ヶ月から3ヶ月程度の留学期間内で、英検3級から2級への進級を目指して学習します。特に英語教育に熱心な関西圏の学校から高い評価をいただいています。

高校生のフィリピン(セブ島)留学どのような形式があるのか?

高校生のフィリピン(セブ島)留学ジュニアキャンの写真

次に、日本の高校生がフィリピン(セブ島)留学をされる場合、どのような留学形式があるのかご紹介します。

ジュニアキャンプ(高校生キャンプ)

夏休みや春休みに行われるジュニアキャンプは、日本からの航空券などが全て込みでのお申し込みになります。日本から一緒に日本人スタッフが同行し、現地で子育て経験あるフィリピン人が生活の世話を見てくれるプランが好評です。ただし、渡航日や帰国日などの全日程があらかじめ決まっているので、ギリギリまで夏休みの行事予定が発表されない学校に通われる方の中には「行きたいけど断念せざるおえない」という方も例年いらっしゃいます。

一般的なフィリピン(セブ島)留学プラン

高校生は単独でのフィリピン入国が可能なので、1人でも留学できます。この場合、普通の社会人や大学生と一緒に1週間単位でお申し込み・留学することになります。日本から空路でフィリピンに入国後、語学学校スタッフが空港出口で皆さんをお迎えし、そのままバスでフィリピン(セブ島)留学の語学学校へ安全に移動します。日程は必ず日曜日に入国、土曜日か日曜日に帰国となります。

お申し込みで気をつける事

フィリピン(セブ島)留学の注意点の写真

次に留学をお申し込みする時に気をつける事をご紹介します。

予定は早めに立てる

高校生は課外活動などもあり予定を立てる事が難しいかと思いますが、早めに留学プランを立てる事をおすすめします。特に、夏休み(8月)に留学を希望される高校生の場合は、5月のゴールデンウィーク前までに留学相談が終わっているのが理想です。※3ヶ月から4ヶ月前

早めに予定を立てた方が良い理由は、日本からフィリピンへの航空券が無くなってしまうからです。ご存知ない方からすると意外かもしれませんが、英語教育に力をいれている学校の生徒を中心に、毎年多くの日本人高校生がフィリピン(セブ島)留学に参加しています。

留学プラン選びを業者に任せっきりにしない

高校生のフィリピン(セブ島)留学は、親御さんも含め積極的に留学代理店(エージェント)とご相談をされる事をおすすめします。留学先の語学学校は一緒ではありません。フィリピン(セブ島)留学は、ほぼ全ての学校で全寮制ということもあり、学校によって食事の質や教育の質、現地のサービスが全く違います。良い学校を選ぶ為には、キレイなホームページやインターネットの口コミサイトの情報を鵜呑みにせず、留学代理店の担当者としっかり相談し、留学プランを決める事が大切です。

英語嫌いの子供は留学させない

一部の親御さんからは「留学させれば英語が好きになるのでは?」という希望を託される事がありますが、この意見には賛同できません。留学は本人のモチベーションが何よりも大事です。弊社ではこのような高校生をお預かりした経験はありませんが、他の業者さんから留学されてきているお子さんを見て、残念に感じる事が少なくありません。

フィリピン(セブ島)留学に対して乗り気でない高校生に対しては、留学代理店(エージェント)に連れて行き、留学生活に興味を持ってもらう事からスタートしましょう。急がば回れ。焦りは禁物です。

高校生のフィリピン(セブ島)留学おすすめ学校3校

最後に、おすすめの語学学校を3校ご紹介します。

CPILS(シピルス)

cpilsの口コミ体験談の写真

CPILSは評判の良い伝統校です。お申し込みはリピーターの方が多く、弊社でも安心してご紹介しています。巨大なキャンパスにはネイティブ講師が多数在籍し、優秀なフィリピン人講師も揃っていますので、質の高い授業を受ける事ができます。CPILSに関しては、特に小学生・中学生と同時期に行われるジュニアキャンプがおすすめです。また、大型キャンパスなので、10名〜20名程度の高校生の団体留学も常時お受けできます。

PHILINTER(フィリンター)

セブ島留学Philinterの学校内の写真

南国風な巨大プールが印象的なPhilinter(フィリンター)もお勧めできる学校です。効率的な授業システムや生活しやすい環境づくり、そして日本人だけに固まらない多国籍な学生比率など、多くのアイディアが盛り込まれた学校です。高級コンドミニアムを利用した外部寮もあるので、環境にこだわる方にもおすすめできます。1週間〜2週間の留学が可能です。

SMEAG(エスエムイーエージー)

SMEAGスパルタの廊下の写真

セブ島に3つのキャンパスを持つSMEAGもお勧めできる環境です。施設や食事などの生活面が整っており、朝の早朝レッスンからびっしりと詰まったカリキュラムを持つSMEAGは、英語学習に興味がある高校生にピッタリです。弊社では、特にキャンパス内でEOPルール(母国語禁止)があるスパルタキャンパスをおすすめしています。※2018年から新校舎に移転。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校生は大人と子供の中間です。頼もしくもあり、不安かもしれません。そんな微妙な時期ですが、背中を押してあげれば大きく飛躍するチャンスです。オーストラリアやニュージーランドをはじめ、アメリカやカナダへの留学も素晴らしいと思いますが、英語を楽しく濃密に学習するならフィリピン(セブ島)留学もおすすめです。ぜひご検討ください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 親子留学・ジュニアキャンプ
  1. 高校生