セブ島留学まとめ

【2019年春休み】セブ島留学ジュニア(小学生/中学生/高校生)の日程と料金まとめ

更新日:2018年10月31日
サクラ咲く春休みのイメージの写真

2019年の春休みもセブ島留学で英語力を高めるチャンスです。しかし、夏休みと違って春休みは期間も短く、学校によって休みの期間もはっきりしません。なので、ジュニア(小学生/中学生/高校生)にとっては夏休み程セブ島留学しやすい時期ではないかと思います。

とはいえ、実際に留学したお子さんや送り出した親御さんからの評判は素晴らしく、「行ってよかった」「行かせてよかった」と喜ばれています。なので、気になっているんだったら、是非チャレンジしてほしいところでもあります。もし春休みに英語が話せるようになったら、夏休みにオーストラリアやカナダに行くこともできますからね。

それでは、日程と料金について確認してみましょう。

日本の春休みの日程、期間

まだハッキリとはわかりませんが、2019年の一般的な日本の小学校・中学校・高校生の春休み期間は、3月23日(土)~4月7日(日)までの16日間と言われています。

今年は日曜日が2回挟まれますので、セブ島留学するには適した日程です。

セブ島留学の日程

セブ島留学は基本的には1週間単位で留学します。毎週月曜日に入学ガイダンスが行われるので、基本的に日曜日に日本からセブ島に入り、語学学校にそのまま入寮します。セブ島の空港で語学学校のスタッフがお待ちしておりますので、安全に語学学校にお子さんをお連れします。

月曜日の午前中にレベル分けテストを受け、その後すぐに留学ガイダンスと買出しに出かけます。そして買出しから帰ってきて、そのままレッスン開始となります。月曜日の午後から金曜日の夕方まではジェットコースターに乗ったように毎日が充実したレッスンを受けることができます。

そして金曜日の夕方に卒業式です。卒業される方は、ここで卒業証書を受け取って卒業です。語学学校によってはスピーチをしなくてはいけないので短期の留学だとしても勉強の手を抜くことはできません。卒業式に出た後、無理をすれば金曜日の夜に帰国することができますが、あまりお勧めは出来ません。土曜日の帰国が良いでしょう。

もし1週間以上留学される方は土日を挟みますが、基本的に土日にレッスンはありません。そこで、土日は留学生が誘い合って外出します。アイランドホッピングなどのアクティビティに参加しても良いですし、ショッピングモールを散策するだけでも充実した時間を過ごせます。フィリピンでのショッピングは基本的に英語を使うので、学んだ英語を実際の生活で使うチャンスです。

そして、次の月曜日からまた授業が始まる・・・という流れです。

普通にセブ島留学した場合の日程

自分の好きな学校を選んで留学した場合の日程は以下の通りです。留学先の学校によって、施設のキレイさやフィリピン人講師の質が変わってきますが、日曜日に入寮して月曜日から留学生活がスタートするところは変わりません。

日程 予定 内容
3/24(日) フライト 日本からセブ島へ移動
セブ空港でスタッフが待機
3/25(月) テストと
留学生活ガイダンス
レベルチェックテストと
生活のルールを説明
3/26(火)
~3/29(金)
授業 毎日朝から夕方まで
6~8コマの授業が続きます
3/30(土)
3/31(日)
語学学校は休み 他の留学生と一緒に出掛けたり、
学校の中で宿題に取り組みます
4/1(月)
~4/4(木)
授業 毎日朝から夕方まで
6~8コマの授業が続きます
4/5(金) 授業・夕方から卒業式 卒業証書をもらえます
4/6(土)
4/7(日)
フライト セブ島から日本に帰国
空港まで送迎するサービスも

 

CPILSのジュニアキャンプに参加した場合の日程

ジュニアキャンプに参加した場合の日程は、少々変わります。ジュニアキャンプは添乗員としてスタッフが成田空港から同行します。詳しくはこちらから→【セブ島留学】2019年CPILS春休みジュニアキャンプ情報まとめ

日程 予定
3/25(月) 成田空港集合→セブ到着→宿舎チェックイン
3/26(火) 午前:入学テスト、留学ルール説明
午後:英語レッスン3時間
3/27(水)
~29/(金)
毎日10時間の英会話授業 
※3/29(金)放課後、現地の小学校を訪問
3/30(土)  アイランドホッピング
3/31(日)  ショッピングモールで
英語を使った買物と食事に挑戦
4/1(月)
~3(水)
毎日10時間の英会話授業 
※4/3(水)放課後に卒業式。
4/4(木) 帰国

 

おおよその留学費用

留学費用は、日本でお支払いいただく語学学校費用と、セブ島で支払う現地支払い費用に分かれます。また、その他にも航空券代が必要になりますし、外旅行保険にもご加入いただきます。

普通にセブ島留学した場合

名目 費用の金額 説明
語学学校の費用
(授業・宿泊・食事含)
10万円~15万円 部屋の人数により
価格は変わります
ビザ代や電気代など 3万円~4万円 施設の保証金を
含めてのお値段です
航空券代等 4万円~10万円 早く予約すれば
安くなります。
海外旅行保険料 0円~2万円ほど 既に入っていることも
お小遣い 1万円~4万円ほど 海に行く人は多めに
総額 18万円~35万円ほど  

CPILSのジュニアキャンプに参加した場合

CPILSのジュニアキャンプに参加した場合は年齢で料金が変わります、概ね以下の通りです。詳しくは紹介ページをご覧ください。→【セブ島留学】2019年CPILS春休みジュニアキャンプ情報まとめ

名目 費用の金額 説明
語学学校の費用と
ビザ代や電気代など
約21万円 高校生は5,000円引き
航空券代等 5万5千円
~6万7千円ほど
12歳以下は
安くなります。
海外旅行保険料 0円~2万円ほど 既に入っていることも
お小遣い 1万円~2万円ほど ほとんど必要ありません
総額 27.5万円~29.2万円ほど それほど差がありません

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2019年春休みにセブ島留学する小学生/中学生/高校生向けの情報をまとめてみました。日程は通われている学校ごとに違うと思われますので、事前に学校の先生に確認が必要となりますね。

また、普通に2週間留学すると、春休みが全て留学で潰れてしまうので他の事が全くできなくなります。それはそれで最高に充実した時間を過ごせますし、一生ものの英語を身につける大きなチャンスですが、本人がそれを望んでいるかは不明です。本人が嫌がっている場合は留学はお勧めできません。ぜひお子さんともしっかりと相談してください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 親子留学・ジュニアキャンプ
  2. 2019年春休みのセブ島留学
  1. 高校生
  2. 小学生
  3. 中学生