セブ島留学まとめ

【卒業旅行はセブ島留学】大学生におすすめな理由まとめ

更新日:2018年11月9日
卒業旅行のイメージの写真

大学生活最後の思い出作りといえば、卒業旅行です。就職活動をしながらも、卒業旅行をどうしようか気になっている人も少なくないと思います。でも、ちょっとまってください。卒業旅行の代わりとして、格安でフィリピンのセブ島に留学するという選択肢もあるんです。

留学というと敷居が高いイメージやお金がかかるイメージがあるかもしれません。ところがセブ島留学であれば、格安で効率の良い学習ができる上に、日本とは全く違う非日常的空間での生活を楽しめます。長い人生や将来のことを考えたら、セブ島留学は絶対におすすめです。そこで、今回のブログでは、卒業旅行ではなく留学をおすすめする理由についてまとめてみました。

若い時の英語学習は一生もの!

国際会議で英語を話す人の写真

若いみなさんは、自分の能力や学習スピードが落ちた経験をしたことは無いはずです。しかし、あえてハッキリと言えば、40代に突入すると記憶力は格段に落ちてきます。もちろん全ての記憶が出てこなくなるわけではありません。例えていうならば、毎日通っているコンビニの名前は忘れなくても、時々行くファミレスの名前などが出てこなくなります。

30代ではまだ記憶力が落ちません。しかし、新しいことを覚える能力が格段に落ちてきます。それは周りに自分よりも若い子と一緒になった時に、実感としてわかります。若い子たちに比べて、新しい芸能人の話題や新しいアプリを学ぶスピードが落ちるのです。もちろん、これは一般論としてです。優秀な人は違うでしょう。

なので、まだまだ脳が若い20代前半の学習は非常に効率が良いのです。例えば、この20代前半で1年間しっかりと語学留学をしておけば、一生英語で困ることはありません(欧米でレベルの高い仕事に就かない限り)。留学は勿論カナダでもオーストラリアでも構いません。できたら外国の大学に入って世界中に友達が出来たら良いですよね。

しかし、定番の一般的な大学への留学は簡単には出来ません。留学するためにはTOEFLやIELTSなどの高スコアが必要です。卒業まで残り時間が少くなった大学生にとって、今からTOEFLを勉強して現地の大学へ留学するのは日程的にも英語力的にも無理でしょう。また、最近は短期間で傍聴だけの大学留学もありますが、それでも1ヶ月や2ヶ月の短期留学を受け入れてくれる大学はあまりありません。

そこでセブ島留学の出番です。セブ島留学であれば1週間単位で留学できますし、費用も割安。入社式前までに日本に帰国すればOKです。過去の例では、3月末の日曜日ギリギリまで留学した強者もいます。さすがに2ヶ月の留学で一生ものの英語力とはいきませんが、それでも留学経験があると無いとでは英語への理解が全く違います。なので、英語を話せない大学生は卒業旅行より、ぜひセブ島留学での語学力をアップがお勧めです。行って絶対に後悔はしません。

社会人は忙しいのでスキルアップが難しい

英語テストで失敗してしまった人の写真

この記事を書いている私は現在40代です。自分が20年前に社会に出た時と今を比べてみると、今の方がはるかに便利になっているのに、社会人として働いている人たちは皆さん忙しそうです。掃除機でさえ自分で動く時代なのに、いつも何かに追われています。下手に出世してしまうと、会社は残業を無くしていますが、仕事を家に持ち帰っている人は実際少なくありません。現代では社会人になってから自分のスキルアップのために時間を割くことが難しいのです。

そしてよく考えてみてください。もし隙間時間を確保して語学レッスンを週2回1時間づつ受けるとします。それで本当に英語が話せるようになるでしょうか?もちろん努力すれば可能です。しかし、ほとんどの日本人はやっぱり英語が話せないのです。本当に英語を話せるようになりたいと思ったら、どっぷりと英語に浸かる時間が必要です。1週間に2時間くらいの学習では全然足りない。結果、ダイエットと同じでほとんどの人が挫折します。だから、ダイエットの本と同じように、英語教材が巷にあふれ、本が売れているのです。

社会人が英語を話せるようになるためには、学生時代に基礎を作っておくことが大前提です。そして、研修として留学させてもらうか、転職するときに無理やり時間をつくって留学するしかないのです。大学卒業前は最後の自分の自由な時間は、もしかしたら楽しい最後の貴重な時間かもしれません。でも、この時間を自分の将来のために投資しない手はありません。

遊びの海外旅行は社会人になってからも行ける

空港から海外旅行へ行くイメージ写真

ここでちょっと方向転換です。実は、世の中はいい方向にも変わっています。今のおじさんたちが社会に出た時は、連休をとることはできませんでした。自分の仕事を誰かに預けるなんて絶対無理。許されない時代でした。だから社会人の海外旅行はすぐに帰ってこれるハワイやグアムが定番でした。しかし、現在は法律が変わってきて、正社員は有給休暇を所得しなければいけない世の中の流れになってきましたし、政府が主体的に連休をつくるよう社会に働きかけています。だから今の若い人たちは、普通に1週間くらいの休みを取ることはできます。

もし英語が話せる人が、この連休時に海外旅行に行くとなるとどのようになるでしょう?ツアーに頼らずに旅行できるので費用は格安。行動範囲も自由に広げることができます。ツアーで日本人と一緒に日本語を話しながらも楽しいですが、現地の人たちと英語で交流できる自分だけの海外旅行の方が楽しめることは間違いありません。

日本と季節が逆になっているオーストラリアで海水浴、アメリカでスポーツ観戦、タイの奥地で機織り体験、スリランカでティラピス修行。インドでカレー食い倒れ、カナダでトレッキング等々、英語が話せればアイディア次第で自分だけの海外旅行が体験できます。でも、もし英語が話せなかったら・・・ツアーを探すしかないでしょう。

外国人の同級生をつくる最後のチャンス!

友達とハイタッチの写真

そして最後は外国人の同級生をつくるチャンスについてです。もちろん大人になってから、社会に出てからも外国人の友達をつくるチャンスがないわけではありません。でも、それは学生時代に友達になって、一緒に机を並べた関係とはちょっと違います。

学生時代の友達というのは、多少むちゃなことや大人が怒るようなこともしますし、お互いに将来に不安を抱えている時期でもあります。セブ島留学に来ているのは日本人や韓国人だけでなく、中国や台湾、ロシアやベトナムなど多岐にわたります。勿論アジア人が中心ですが、それらの国の友達と一緒に英語を学んで一緒に生活した経験は一生ものとなるでしょう。そして大人になって再開した時の感動も、より大きなものになる事は間違いありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大人になるにしたがって、「若い時にああやっておけば良かった」と思う事が多くなります。若い時は全く気がつかなかったことが、だんだん理解できてくるのです。多くの大人にとって、そのやっておけば良かったという後悔の中に【留学】というキーワードが必ず出てきます。※留学しなかった人に限ってですが・・・

留学を経験していない大学生には、最後のチャンスとして是非セブ島留学に挑戦してもらいたいと思っています。その際に当社をご指名いただければ幸いです。

【大学生】関連記事

【大学生のセブ島留学】語学学校選びはマジメか遊びか

【セブ島留学】大学生や若者におすすめしたいマジメ学校まとめ

【セブ島留学】大学生・若者向けの遊べるおすすめ語学学校まとめ

【セブ島留学】大学生が1年間休学してのフィリピンへの長期留学はおすすめか?

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 2020年大学生向け情報
  1. 短期留学
  2. 大学生