セブ島留学まとめ

【初めて・初心者向け】セブ島留学でオススメの海外旅行保険の選び方

更新日:2018年12月28日
海外旅行保険のイメージの写真

こんにちは。
セブ島留学サポートセンターの永井です。

今日は「セブ島留学に行くので保険を選ばなきゃ!」という人に向けて、オススメの格安留学保険の入り方を簡単にご説明します。当社は海外旅行が初めての人、留学が初めての人が多い留学エージェント(留学代理店)になりますので、初心者にもわかるようにご説明をしたいと思います。

【簡単!】セブ島留学でお申し込みする保険の種類について説明します

海外旅行のイメージの写真

実際に加入する保険のご紹介の前に、そもそもセブ島留学の保険について説明をさせていただきます。

普通に考えれば、皆さんはセブ島留学(フィリピン留学)をするわけですから、保険は留学保険をイメージされるかも知れません。しかし、皆さんに選んでいただきたいのは、【海外旅行保険】になります。

では、留学保険はどんな時に選ぶのかというと、フィリピンの大学などに1年以上留学する時です。皆さんは全寮制の語学学校に滞在するので、フィリピン入国管理局の扱いとしては、ホテルに滞在している観光客と同じになります。ここに疑問は持たないでください。国の方針としてそうなっているというだけですから。とにかく、間違って留学保険を選ばないように注意してくださいね。

また、セブ島留学のほとんどの語学学校では、必ず海外旅行保険に入っていただくことを義務付けています。厳しい語学学校の中には、海外旅行保険に入っていない留学生は退学というルールを設けているところもあるくらいです。(もちろん、実際にはその場で加入できますが・・・)

【簡単!】海外旅行保険の補償の内訳について説明します

病院のお医者さんの写真

まず最初に保険の内訳です。

治療費用など 病気やケガの治療費が保険の対象になります。
携行品損害など スマートフォンの盗難などが保険の対象になります。
賠償責任など 他人を傷つけてしまった場合、補償金が支払われます。
疾病死亡・傷害治療など 後遺症が残る怪我や死亡した場合、補償金が支払われます。
航空機遅延費用など フライト時間が大きく遅れてしまった場合、補償金が支払われます。

次からは、これらついて「必要かどうか?」を考えながらひとつひとつ説明をします。

[必要]治療費用

治療費用は絶対に必要です。

なぜかと言うと、もし留学が始まってから大きな病気にかかってしまった場合、入院費を含めてお金がたくさん必要になります。しかし、保険に入っていない留学生は病院のお金を払えないので語学学校の学生寮で生活しながら病気を治さざるおえません。これだと、他の留学生に迷惑がかかってしまいます。同室の留学生に病気をうつしてしまう人もいるでしょう。これが一番問題です。そういうこともあるので、治療費用は絶対に入ってください。ただし、フィリピンは物価が安い国なので、必要以上に高い保険金をお支払いになる必要はありません。最低限で大丈夫です。

[人による]携行品損害

携行品損害は加入した方がいいですが、全ての人にとって必要ではありません。

例えば、古いアンドロイドのスマートフォンと少しの衣類と勉強道具だけ日本から持参して留学する場合、はっきり言ってそれらを失くしても惜しくないと思います。そのような方は携行品に補償をかける必要はありません。

逆に、最新に近いiPhoneを持参される方は、必ず加入された方が安心です。盗難にあった場合や紛失した場合、補償の対象となる(場合がある)ので、新しいiPhoneを購入することができます。もちろん、パソコンや電気辞書などを持参される方も同じです。ご自分の持参する高級品によって、金額を決めてください。

[人による]賠償責任

損害賠償は99%必要ありませんが、万が一のことを考えたら入っていてもいいかもしれません。

過去に、日本人ではない外国人のジュニアが、他の子供と喧嘩をして傷つけてしまったことがあったそうです。そういった場合に、帰国後に裁判沙汰になることもありますので必要になります。しかし、大人しい日本人が他人を傷つけることは、まずありません。賠償責任の保険が支払われた話は、私も一度も聞いたことがありませんので、人によると言えるでしょう。

[人による]傷害死亡・後遺障害・疾病死亡

一般的には死亡保障などは、留学であまり必要ないと言われています。

家族を支えるお父さんが留学で事故に遭って亡くなってしまった場合、残った家族の生活費として死亡保障は確かに必要です。しかし留学される方のほとんどは、一家の大黒柱ではありません。なので、死亡保障などは総合的に考えてそれほど必要を感じません。あくまでも自己責任となりますが、入らないという選択肢があってもいいかと思います。

[必要無し]航空機遅延費用

航空機遅延費用はほとんど必要ありません。夏休みのマニラ空港やセブ空港は台風の通り道となりますので、飛行機が遅延することは度々あります。しかし、残念ながらその場合、空港で待機することが多くなります。代わりのホテルを利用したりというオプションを利用することは、ほぼほぼできません。また、飛行機が遅延した場合も、その到着時間を見越してピックアップスタッフが皆さんを空港にお出迎えにきますので、余計なタクシー代金などがかかることはありません。

【知らないと損!】付帯保険についてご説明します!

クレジットカードの写真

次に付帯保険についてご説明します。

クレジットカードの中には海外旅行保険が自動付帯しているものがあります。「付帯」というのは、付け加えることです。つまり、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードの持ち主は、もう既に海外旅行保険に加入している事と同じなのです。これを利用しないのはもったいないですね。

しかし、注意点もあります。まず、カードによっては海外旅行保険の付帯に【条件】がある場合があります。これを「利用付帯」と言います。具体的には、「海外旅行の航空券を当社のカードで購入された場合のみ海外旅行保険が付帯します」というカード会社の条件です。そのようなカードを持っている場合、付帯保険がついていない別のカードで航空券の決済をしてはいけません。付帯保険の条件が満たされないので、海外旅行保険が付帯しなくなってしまいます。

次に、期間の制約です。1ヶ月〜2ヶ月の留学期間なら問題ありませんが、4ヶ月や6ヶ月留学する場合、付帯保険の期間が終了してます。通常は3ヶ月程度が限界です。その場合は、残りの期間は他の保険に入らなければいけません。

海外旅行保険の期間については、留学に出発する前に、必ずエージェントに確認してください。

【初心者や子供も安心】医療保険のキャッシュレスサービスについて

キャッシュレスのイメージの女性の写真

「現地で病気になってしまった!」

体調を崩して病院に行って、診察を受けた後に受付で「◯◯ペソになります」と言われて現地通貨のペソでお支払いをする・・・考えただけでもちょっと辛くなりますよね。現地の日本人スタッフが一緒について行ってくれるとしても、お金に関してはちょっと心配になります。

でも、キャッシュレスの海外旅行保険に加入していれば、こんな時も大丈夫。病院から保険会社に直接請求が届きます。みなさん(被保険者)がお金をお支払いする必要はありません。また、キャッシュレスの保険には、日本語対応してくれるジャパニーズヘルプデスクがセットになっています。このデスクの担当者が、留学生とお医者さんの間に入って様々な対応をしてくれます。だから、万が一、日本人スタッフがいない場所に出かけた時でも安心して病院に行くことができます。

【ここだけ読んでもOK】セブ島留学の短期留学にオススメの保険は?

そしてここからがこの記事の本題です。セブ島留学にオススメの海外旅行保険は一体どれでしょうか?

1位:損害保険ジャパン日本興亜株式会社「新・海外旅行保険【off!】」のオーダーメイド

新・海外旅行保険【off!(オフ)】の写真

https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/leisure/off/

当社が「新・海外旅行保険【off!】」をオススメする理由は3つあります。

  1. 出発当日でもネットから簡単に加入できる
  2. 1日単位でお申し込みが簡単にできる
  3. オーダーメイドで必要ない補償を簡単に外せる

とにかく、これらのことを簡単にできるのが、この保険の素晴らしいところです。特に保険をオーダーメイドできるシステムは学生さんや独身の方には助かります。費用が安くなるからです。3ヶ月以内の短期留学であれば、弊社はこちらの保険をオススメしております。

2位:ジェイアイ傷害火災「t@biho(たびほ)」

ジェイアイ傷害火災t@bihoの写真

https://tabiho.jp/tb/

当社が「t@biho」をオススメする理由は3つあります。

  1. ネットから加入・延長手続きができる
  2. 1年まで期間延長ができる
  3. リピーター割引あり

中でも、1年間まで期間延長ができるというところが最大のお勧めポイントです。なので、長期留学をお考えの方にオススメしたい保険です。その他にも3%のリピーター割引がありますので、複数回セブ島留学に挑戦する方にもオススメです。

3位:AIG損保の観光旅行(個人)用プラン

AIG損保の観光旅行(個人)用プランの写真

https://www-429.aig.co.jp/ota/

当社が「AIG損保の観光旅行(個人)の海外旅行保険用」をオススメする理由は3つあります。

  1. 信頼ができる
  2. 補償が手厚い・充実している
  3. 長期留学にも対応

AIGは一番補償が手厚い海外旅行保険と言われています。なので、会社員などの方が留学する場合などにオススメです。ただし、保険料も一番高いと言われていますので、リスクに対してどの程度の出費をするのか?よくご検討ください。

【丸投げしたい!】何を選んでいいかわからない方へ

疑問を持つヒヨコの写真

当社では、海外旅行保険をお任せただくことも可能です。「普通の保険だったら何でもいい」という方は、ぜひその旨を最初にお伝えください。語学学校とセットでご紹介することが可能です。

また、航空券などを予約するときに、一緒に海外旅行保険を勧めてくる旅行代理店などもあります。もちろん多少割高になる可能性もありますが、そちらでご決断いただいても、特に問題はありません。詳しくない海外旅行保険で悩むよりは、留学前にしっかりと英語の予習に集中したほうがいいですものね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕の経験では、ほとんどの方が海外旅行保険に関してそれほど意識していません。なので、いざ加入する段階になってから「思ったよりも高い!」と焦ります。海外旅行保険は絶対に必要なものですから、短期の方は月1万円、長期の方は月2万円程度は予算に入れていていただけると、スムーズにご決断できます。

できるだけ早く情報をチェックして、安心して留学に行けるようご準備ください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  1. 費用や料金など