セブ島留学まとめ

「大坂なおみ選手が教えてくれた」英語とコーチの方程式

更新日:2019年2月12日
大坂なおみチームの写真

こんにちは。
株式会社DELPO セブ島留学サポートセンターの永井です。

先日、大坂なおみ選手が全米に続き全豪オープンも優勝しましたね。僕もテレビの前で大興奮でした。そして、プレーもさることながら、魅力的なのは彼女のスピーチ。英語なのにどこか日本の気遣いを感じさせてくれる彼女の言葉は、日本人だけでなく世界中の人々の心を引きつけています。

また、英語ネイティブといってもいいほど見事に英語を話す大阪選手は、恥ずかしがり屋なのに、いつも堂々としています。日本でも海外でもマイペースで、臆することがありません。そんな大阪選手を見ていて、僕は一つの重要な方程式に気がつきました。今回のブログでは、その僕が気がついた、大阪選手の才能がの開花に関係した方程式についてご紹介したいと思います。

※今回の記事はセブ島留学とは関係ありません

一般的な日本人の感覚

一般的な日本人の感覚では、「海外に行けばテニスが強くなる!」という認識があると思います。それを裏付けるように、現在の日本のジュニア選手の間では短期のテニス留学は当たり前となっています。多くの子供たちがレベルアップの為に、プロテニス選手になるチャンスを得るために、海を渡っています。海外で沢山の刺激を受け、レベルアップしている子供も少なくはありません。

しかし・・・結果はどのようになっているでしょうか?

優秀な日本人選手はたくさん育っていますが、世界に挑戦できる選手はなかなか出てこないのが現状です。テニスもうまい。そこそこ英語も喋れる。でも、それだけではダメだったんです。

大坂なおみ選手は何か違う?

大坂なおみのサーブの写真

それに対して大坂なおみ選手は違いました。確かにジュニア時代から優れた身体能力を生かした素晴らしいテニスをしていましたが、当時のテニスは非常に荒かったと紹介されています。僕も昔の試合を見たことがありますが、当時は確かに波が激しかったですね。では、大坂選手は一体何をしたのでしょうか?

コーチを次々と変えた

実は、ウィキペディアを見ると、大坂なおみ選手は今まで5人ものコーチを変えたと紹介されています。そして、つい先日(2019年2月)に5人目のコーチで最高に相性が良いと言われてたサーシャ・バジンコーチとも袂を分かちました。僕は、このコーチの変更ができることこそ、大阪選手の最大の強みでもあり、躍進の鍵だと考えています。

因みにサーシャコーチの良かったところは、ネガティブな思考に陥りやすい大坂選手をポジティブな気持ちに導いたところと言われています。正直、僕としては、このサーシャコーチのスタイルに度肝を抜かれました。試合中に片膝をついて選手の下から見上げるように優しアドバイスを送るコーチ・・・僕は「こんなコーチングがあるのか!やっぱり世界は広い!」と衝撃を受けたのを覚えています。

もし日本のコーチが大阪選手のネガティブな性格をポジティブに変えようとしたら、いったいどんなアプローチになったでしょうか?おそらく、精神修行のような話になってしまっていたでしょう。当然ながら、サーシャコーチのようにアドバイスできる人は日本人にはいないはずです。もちろん、それはアメリカに行けば解決するような問題ではありません。しかし、英語をしっかりと話せるレベルの人であれば、自分に合うコーチが見つかるまで、世界中のコーチを対象に、次々とコーチを変えることができます。ここに英語が話せることによるチャンス、そしてアメリカ文化が関係していると思います。

結論:大坂選手には成功の方程式があった

大坂なおみと全豪トロフィーの写真

まとめると、僕の感想のポイントは以下の通りです。

1、大坂選手は英語を話せるので、世界中の優秀なコーチの中から自分にあったコーチを選ぶことができた。

2、大坂選手は、コーチと選手の契約をドライに割り切っていた。

つまり、大坂選手は英語を話せるだけでなく、アメリカ社会の契約文化をも上手に取り込んだのだのです。日本の選手はこの逆ですね。英語を話せないので日本人のコーチしか受けれない。更に、コーチと選手の間に師弟関係が生じる文化なので、なかなかコーチを変えることが出来ない・・・

そう考えると、錦織選手もそろそろマイケル・チャンコーチと別れてもいいかもしれません。もちろんチャンコーチが悪いと言っているわけではありません。でも、英語が話せるわけですから、いくらでもいいコーチとの出会いの可能性は広がっているはずですよね。

おまけ

最後に大坂なおみ選手がツイッターでつぶやいた一言。そしてそれに対してのサーシャコーチのリプライをご紹介します。

大坂なおみ選手の呟きの写真

サーシャコーチのTwitterの写真

素晴らしい関係性でしたね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 英語勉強法や読書
  1. テニスキャンプ