セブ島留学まとめ

【予約なし】成田空港から東京駅への格安移動は京成シャトルバスがおすすめ

更新日:2019年3月30日
京成バスか到着したところの写真

こんにちは。
セブ島留学サポートセンターの永井です。

皆さんは成田空港へ移動するとき、どんな交通手段を何を使っていますか?成田エキスプレス?京成スカイライナー?そうですよね。特に成田空港に行くときは、時間に正確な電車を使われる方が多いかと思います。格安のシャトルバスは魅力的ですが、やはり渋滞が怖いですし、予約するのもちょっと心配ですよね・・・

では、帰り道はどうでしょう。成田空港から東京駅方面に向かうとき、どのような交通手段を使われますか?私のおすすめは、予約無しで乗れる上に格安な「京成シャトルバス」です。今回のブログでは、成田空港から都内に移動したい方のために、京成シャトルバスの乗り方をご紹介したいと思います。

京成シャトルバスを選ぶ4つのメリット

成田空港に到着した京成バスの写真

まずは京成シャトルバスを選ぶ理由、メリットなどを先にご紹介します。

(1)予約が必要ない

普通は格安のシャトルバスに乗る場合に予約が必要です。理屈はわかりますよね?バスを運行する会社としては、格安で運行するために乗車率を毎回100%に近づけたいのです。そのために、早く申し込むと割引になる予約システムを使って、2日前くらいには席を埋めるようにしたいのです。

しかし、成田空港から都内に移動する京成シャトルバスは、なんと予約する必要がありませんし、そもそも空港到着前に予約ができません。成田空港の各ターミナルにある京成バスのカウンターでチケットを購入したら、それが予約になります。したがって、路線バスや電車のようにバスに乗ることができます。満員だったら、次のバスになります。

(2)好きな時に、すぐに乗れる

皆さんは空港から帰るとき、何時に空港を出発するか決めていますか?おそらく難しいですよね?それは様々な理由があるかと思います。例えば、「飛行機が遅延した」「お迎えに失敗した」「空港で食事をしたくなった」「テレビ局に取材されてしまった?」などの理由があるかと思います。

そういった時に電車は便利です。時間通りに移動できますし、遅延もほとんどないからです。しかし、実は成田空港から出る京成シャトルバスも、20分おきに出発しています。だから、帰る時間の目処が立ったところでチケットを購入すれば、成田空港での時間を有効活用できます。

(3)予約無しでも格安料金1,000円!

そして何と言ってもシャトルバスの代名詞といえば格安料金です。料金を比べてみましょう。

成田空港から東京駅までの乗車【費用】
成田エクスプレス  3,217円(2019年現在)
京成スカイライナー  2,619円(2019年現在)
京成本線【特急】  1,125円(2019年現在)
【各駅停車&特急】  1,125円(2019年現在)
JR成田線  1,317円(2019年現在)
京成シャトルバス 1,000円(2019年現在)

やはり京成シャトルバスは圧倒的に安いです。成田エクスプレスや京成スカイライナーに比べて半分以下で、各駅停車よりも格安です。もう、これは迷う必要はありません。

(4)意外と早く到着する

更に・・・意外と知られていませんが、京成シャトルバスの乗車時間は電車と比べても負けません。

成田空港から東京駅までの乗車【時間】
成田エクスプレス 約60分
京成スカイライナー 約56分(日暮里で乗換)
京成本線【特急】 約81分(日暮里で乗換)
【各駅停車&特急】 約90分(日暮里で乗換)
JR成田線 約93分(千葉駅直通) 
京成シャトルバス 約60分(第1ターミナルから)

もちろん事故などが起きたら大渋滞に巻き込まれる可能性はあります。しかし、そのようなアクシデントが起きる可能性は限りなく低いのが現状です。むしろ、60分かからずに到着することもあります。

京成シャトルバスの乗車方法の流れ

ここからはチケットを購入し、乗車する方法についてご紹介します。

京成バスの窓口に移動する

まず最初に、京成バスの窓口に移動します。京成バスのチケット売り場は各ターミナルにありますので、ご確認ください。ただ、実際に行ってみれば、窓口はすぐに目につく場所にあります。

第1ターミナル

第1ターミナルの京成バスチケット売場の地図第1ターミナルは北ウイングと南ウイングの2箇所にチケット売り場がありますが、どちらも1階の国際線出口の真正面です。看板を探せばすぐにわかります。

第2ターミナル

第2ターミナルの京成バスチケット売場の地図

第2ターミナルは1階の国際線出口の反対側に2箇所チケット売り場があります。チケットを購入して外に出れば、すぐにバス停があります。

第3ターミナル

第3ターミナルチケット売場の地図

第3ターミナルのチケット売り場はエスカレーターの裏側です。この地図だと13番という数字が書いてある下のアイコンが1階の到着ロビーから上がってくるエスカレーターのマークになります。ぐるっと一回りすれば、すぐにバスのチケット売り場に到着します。

チケットを購入する

チケットの購入方法は非常に簡単です。カウンターに行き、受付のスタッフに自分が乗りたいバスの時刻を告げてください。もし、空いていたらお金を払って予約します。これだけです。もし自分が希望する時間のバスが埋まっていたら、スタッフが次のバスを紹介してくれます。そちらで予約するなり、電車で帰るなり、都合のいい方を選んでください。

一つだけ注意することとしては、ネット予約ができないことです。必ずカウンターに行って予約しなくてはいけません。

バス停に移動する

チケットを購入して、バスの出発時間が近づいたらバス停に移動します。バス停の位置は各ターミナルによって違います。

第1ターミナル

第1ターミナルのバス乗り場の地図

第1ターミナルのバス停は南ウイング1階の一番端です。地図上では分かりづらいかと思いますが、バス停の一番端に移動すれば人が沢山いるので、すぐにわかります。もちろんバス停の並びには、バス乗り場の地図が貼ってあります。迷う人はほとんどいませんので大丈夫です。

※こちらの地図は先ほどのチケット売り場の地図と上下逆になっているので注意してください。

第2ターミナル

第2ターミナルのバス乗り場の地図

第2ターミナルのバス停は、出口を出たところにあるバス停の並びに2つあります。どちらに並んでも乗ることはできますが、席が全て自由席になっているので、2番乗り場から乗車した方が自由に席を選ぶことができます。

第3ターミナルのバス乗り場

第3ターミナルのバス乗り場の地図

第3ターミナルのバス乗り場は、バス乗り場の一番手前です。降車レーンに頻繁にターミナル移動バスが到着しますが、それを気にせず京成シャトルバスの看板を探して並んでください。

スーツケースを預けけて待機

京成バスの荷物を集めているスタッフの写真

バス停に着いたらスーツケースを預けます。青いジャンバーを着たスタッフがキビキビと動いていますので、指示に従ってください。預けるスーツケースがない人は列に並んでください。全席が自由席なので早い者勝ちです。

※乗車ルールの確認

チケット購入時に念を押されると思いますが、バスが出発する5分前には必ずバス停に集合しているようにしましょう。早く並んだ方が席を選べますし、スーツケースを預けるときもドタバタしません。

もし出発時間にバス停にいなかった場合、そのまま置いていかれることもあります。1,000円の格安バスです。わがままは言えませんので。しっかりと時間通りに集合しましょう。

※預入荷物のルールの確認

トランクに預けることができる荷物は、「1名様につき、スーツケース1つまで」となっています。つまり、2つのスーツケースを持って移動する人はそのまま京成シャトルバスを利用することはできません。しかし例えば、留学から帰ってきた娘さんをお母さんがお迎えに来た場合などは、娘さんの2つのスーツケースをお母さんと娘さんがそれぞれ1個づつシェアして乗車すれば、預けることができます。

もし、お土産などの荷物がたくさんある場合は、クロネコヤマトと成田空港が提携して運用している【成田空港宅急便】を利用しましょう。こちらも行きも帰りも使えます。

成田空港宅急便オフィシャルサイト→https://www.gpa-net.co.jp/ja/passenger-service/baggage-delivery/to_airport.html

実際に乗車

京成バスの車内の写真

バスが来たら、チケットを切ってもらって乗車します。繰り返しになりますが、全て自由席なので、自分の好きな席に座ってください。そして実際にバスが動き出したら・・・特に何もすることはありません。60分後には東京駅に到着します。

無事に東京駅に到着

東京駅に到着した京成バス

少しウトウトしているう間に、JR東京駅の真ん前に到着です。短い旅でした。お疲れ様でした。

デメリット

京成バスのバス停の屋根の写真

最後にデメリットについてもご紹介します。

乗り心地や席は並

まず最初にバスの乗り心地についてです。バスの席は普通の観光バスサイズ。決してデラックスではありません。でも1,000円という価格を考えれば十分でしょう。

待ち時間は外で待つ

バスは出発する数分前にバス停に到着します。その間、外で待たなくてはいけませんが、特に第一ターミナルのバス停の天井は短いので、並んでいる間に雨に濡れてしまう可能性があります。寒い日はちょっと困りますよね・・・

空港から東京行きの予約は不可

これも繰り返しの説明になりますが、成田空港発の京成シャトルバスは通常予約もネット予約もできません。カウンターに実際に行ってみるまで、すぐに出発するバスに乗車できるかどうかわかりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

成田空港からの帰り道は、京成シャトルバスが本当にオススメです。電車に慣れている人は、「バスはめんどくさそう・・・」と感じるかもしれません。でも、そんなことはありません。お申し込みから乗車まで本当に簡単です。英語での対応もしてくれますので、外国人の方が来たらぜひ教えてあげてください。東京駅まで格安で一気に移動できますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 成田空港の便利情報