セブ島留学まとめ

18歳(高校生3年生)が留学できる語学学校まとめ

更新日:2019年4月19日
CGの生活風景の写真

18歳の高校3年生は子供と大人の中間です。学校の先生や保護者から見たら18際は子供に見えますが、もう既に自分で自分の事を決められる年齢でもあります。最近は、そんな高校生から自発的に「セブ島留学に行きたい」と相談される親御さんも増えています。

ただ、セブ島は比較的安全とは言え、やはり外国です。留学するためには保護者の承諾などが必要ですし、語学学校によっては受け入れてもらえない学校もあります。ただ、セブ島留学の語学学校の中には、【保護者の承諾書】を提出していただければ、大人と一緒のクラスに入って授業を受けることができる学校があります。そこで今回は、18歳の高校生が留学できる語学学校をまとめてみました。

人生が変わるスパルタCG

CGの夜のスパルタ学習風景の写真

まず最初に本気で英語をモノにしたい!頑張りたい!と思っている人にオススメしたいのがスパルタ校のCGです。

毎日朝の8時から夜の22時までマンツーマン中心のレッスンと課題が12時間続き(昼食と夕食は各1時間)、一日があっという間に終わります。先生の話を聞くのではなく、英語を話すことを要求される英語学習スタイルなので、慣れるまでは頭だけでなくアゴも疲れます。しかし、同学校に入学している100人以上の多国籍の留学生がみんな一緒に勉強していますので、勉強が苦手な人でも緊張感が切れません。

また、スパルタ校の特徴として、3つの特徴があります。

  1. 平日の昼間は母国語を話すことはできません。
  2. 毎日単語のテストがあります。
  3. 夜の22時までカリキュラムが詰まっているので土日以外は学校の外に出れません。

しかし、このような厳しい環境だからこそ、他のセブ島留学の語学学校に比べて高い学習効果が見込めます。CGに留学して人生が変わった人、価値観が変わった人も少なくありません。英語学習へのモチベーションが高い方には絶対におすすめです。初心者でも大丈夫です。

保護者が安心できるCPILS

CPILSのレッスン風景の写真

CPILSは質の高い英語教育を実践できるセブ島留学の伝統校です。しかし、英語教育だけでなく留学生の生活管理、安全管理、そしてサポート体制もしっかりしています。

夏休みや春休みであればジュニアキャンプという企画があり、成田空港から添乗員が付いてフィリピン入国、そして現地での生活をサポートしてくれますので非常に安心です。もし、お子さんの安全が気になる保護者の方には、ぜひこちらのキャンプがおすすめです。

2019年CPILS夏休みジュニアキャンプのご紹介→2019年CPILS夏休みジュニアキャンプ(小学生・中学生・高校生)情報まとめ

また、普通に留学される高校生に関しては、ガーディアンと呼ばれる英語講師が月~金曜日の午後19~21時までの生活をマンツーマンでサポートしてくれます(1週間/US$100の別途料金)。こちらは外出するときも一緒に行動してくれますので、学校の外に出て現地の生活を体験してみたいという行動派の高校生にもおすすめです。

※スパルタコースを洗濯した場合、ガーディアンを付けることができません。

英語初心者でも楽しく勉強できるCIJ

セブ島留学CIJのマンツーマンレッスン、台湾人か香港人の若者の写真

楽しく英語を教えてもらいたい高校生にオススメなのがCIJです。元々ジュニア専門の小さな語学学校からスタートしたCIJは、学校全体が明るくて楽しい雰囲気です。教室にはカラフルな紙やイラスト、そして卒業生と一緒に写した写真がペタペタと貼ってあり、先生もフレンドリーなので日本の学習スタイルとは全く違います。また、先生もいつも元気に笑っていて、怒っているような先生はほとんど見かけません。そして何と言ってもCIJのキャンパスは高級コンドミニアムなので、日本人がセブ島に移動しても、そのまま抵抗なく生活することができます。

英語の成績がイマイチの高校生、英語力に自信がない高校生、日本の学習スタイルに疑問を持っているような人にはCIJをおすすめします。日本人も少ないですので、外国人の友達ができますよ。

濃厚なフィリピンを体験できるOKEA

OKEAのマンツーマンレッスンの写真

セブ島留学では、留学中のトラブルを出来るだけ避けるために外出をしないようにアナウンスする語学学校が多いです。しかし、バコロドのOKEAは違います。何と言っても治安がいい田舎町にあるので、生徒が外出して犯罪に巻き込まれることはほとんどないので、フィリピン人との交流や外出を推奨しています(もちろん最低限の注意は必要です)。また、フィリピン人の先生たちもセブ島の先生たちと違って制服はありません。普段着でレッスンをしてくれるので、フィリピンの文化をより理解しやすい環境です。

学校と学生寮自体は古い施設ですが、見た目よりも快適に生活できます。特に気持ちよく寝れるベッドとフィリピン風の食事はOKEAならではでしょう(洗濯や掃除もやってくれます)。標準コースの授業はマンツーマンが4コマとグループが2コマ。レッスン数自体は少ないですが、予習と復習をしながらマイペースで勉強するにはちょうどいいレッスン量とも言えます。周りに流されず、一人でしっかりと予習と復習ができるタイプの高校生にはおすすめです。

※ただし、OKEAに行くためにはマニラ空港で乗換えが必要です。

常時ネットに接続できるバギオWALES

WALES(ウェールズ)の写真

例えば・・・YouTuberを目指している高校生や、ネットで情報を発信している高校生から「ネット環境が良く、英語力が上がり、更に貴重な体験ができる語学学校に留学したい」と相談された場合、オススメしたいのばバギオの小さな語学学校WALESです。フィリピン国内の語学学校の中で最速と言われているwi-fiスピードは動画のダウンロードも可能。ネットもサクサク動きます(セブ島の語学学校の多くは、まだまだ重いネット環境です)。

WALESは語学学校と学生寮が同じ新築ビル内にあるので、通学に外出する必要がありません。また、フィリピン人英語講師のほとんどは、フィリピンの公立学校の免許を持っていますので質の高い授業を受けることができます。そして常駐している日本人スタッフもベテラン。更に街の中心部にも近いので、身近にフィリピン文化を感じることができます。

WALESがあるバギオはセブ島に次いで語学学校がたくさんある都市です。安くて質の高い授業を望まれる方にはお勧めとなっています。また、治安もとても良い場所です。興味がありましたら、ぜひ「バギオ」を調べてみて下さい。

TOEIC・TOEFL・IELTSを受験するならSMEAG

セブ島留学SMEAGのIELTS点数保証コースの写真

実はセブ島留学中にTOEICやTOEFL、そしてIELTSの試験を受けることが可能です。そして、数ある資格に強いと自称するセブ島の語学学校の中でも、セブ島だけでも3つの校舎を持つSMEAGは、各試験の試験会場となっている超大型の有名語学学校です。

普段から授業を受けている施設の中にある「模擬試験の会場」で本試験を受けることが可能なので、試験的には圧倒的に有利です。しかもセブ島留学中であれば、毎日英語を聞いて・話しているので英語にも慣れている。だからリスニングもスピーキングも一番良い状態で試験に挑戦することができます。

また、SMEAGは週末に何らかのアクティビティ(みんなで一緒に海に行ったりすること)を開催していますので、一人で留学に来ても友達ができやすい環境です。

無駄のない生活をしたければTARGET

TARGET(ターゲット)の写真

セブ島留学は日本から気軽に来れる素晴らしい留学ですが、一つだけ大きなウィークポイントがあります。それは、土曜日と日曜日、そして祭日に授業が無いことです。フィリピン人は南国文化なので、休みの日に働く習慣がないのです。そういうこともあり、祭日がある週に留学した場合、その1日が無駄になってしまいます。部活などに入っている忙しい日本の高校生にとっては、大きなマイナスになってしまいます。

しかし、日本資本の語学学校TARGETであれば、少し様子は変わってきます。まず土曜日にレッスンを追加でお願いすることが可能です。また、TARGET独自の祭日のルールとして、祭日がある週は、その祭日を週末に移動します。例えば水曜日が祭日の場合、その水曜日の祭日は自動的に金曜日に移動します。そして本来は金曜日の卒業式を木曜日に行うことができ、そのまま木曜日の夜に日本に帰国することも可能です。当然ですが、こうすれば貴重な時間が1日分無駄になりません。(※システムがわかりにくかったらご相談ください)

実は外国人であるフィリピン人英語講師にこのようなオペレーションをお願いするのはとても大変なことなのですが、このような学校運営ができているということ自体が、TARGETの質の高さを物語っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

18歳の高校生が留学できる語学学校まとめてみました。セブ島留学が気になっている高校生や保護者の方は、ぜひこちらの学校をご検討ください。きっと日本の英語教育では経験できない素晴らしい体験ができます。

しかし、実はこの記事でご紹介した内容は、セブ島留学のほんの一部です。もっと沢山のお伝えできることがありますし、語学学校を比較・検討できる情報もあります。全てはご紹介しきれませんので、興味がありましたら是非お気軽にお問い合わせください。もちろん、質問や相談も大歓迎です。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 親子留学・ジュニアキャンプ
  1. 【学校】CPILS
  2. 【学校】CG
  3. 【学校】WALES
  4. 【学校】TARGET
  5. 【学校】SMEAG
  6. スパルタ
  7. 【学校】OKEA
  8. 【学校】CIJ
  9. 高校生