セブ島留学まとめ

【一部→全ての語学学校が営業停止】コロナウイルスによるセブ島留学の影響まとめ

更新日:2020年3月16日
ドゥテルテ大統領の写真

※フライトがキャンセルになり帰国できなくなった他社のエージェント、直接語学学校にお申込みをされた皆様への口コミ情報→日本への帰国チケットは入手困難になっていますが、フィリピン航空のオフィス(又は空港カウンター)に直接並び、チケットの購入(またはキャンセル待ちで入手)できた方がいらっしゃるそうです。英語力が必要ですし、オフィスは閉まっている可能性が高く、人混みは危険が伴う可能性があるので未成年・お子様にはおすすめできません。ただ、日本へのフライトが飛ぶ間であれば、最後の手段として参考にしてください。※乗れる保証はありません。

※緊急情報:2020年3月19日(木)フィリピン外務省が全外国人に対して入国禁止を発表しました。フィリピンに留学予定の留学生はすべからく入国できません。他社のエージェントさんをご利用の皆様もご注意ください。

※緊急情報:2020年3月17日(火)全てのセブ島留学の語学学校の営業停止となりました。

フィリピンでの新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ドゥテルテ大統領は3月12日夜「マニラ首都圏で人の移動を制限する」と発表し、セブ島留学の業界に激震が走りました。まさに日本の春休みのセブ島留学のピークだったからです。しかしその後、移動制限の対象はマニラからセブ島にも広がりました。

更に3月13日(金)に知事による「セブ島にある語学学校の2週間営業停止」が発表されました。つまり休講です。これにより、各語学学校は留学生の受け入れ停止・在学中の留学生の帰国を余儀なくされました。しかしその後、一部の語学学校のみ授業再開が認められました。そして現地では今も情報が錯綜している状態です。

そこで今回ブログでは、現時点でセブ島留学の現状を簡単にまとめました。

【セブ空港の国際線】

2020年3月17日(火)よりマクタン・セブ国際空港に到着する全ての乗客に対し、検疫と隔離が強制されます。 日本人は隔離施設で14日間の待機が必要となりますが、その費用は自己負担となっています。

また、セブ・マクタン空港の国際線は運行が認められているものの、セブパシフィックやフィリピン航空を中心にフライト運休・欠航が発表されました。それにより、現在留学中の方々のフィリピンからの帰国便が高騰しており、入手困難となっています。

※セブパシフィック航空は3月28日(土)まで成田線運休を決定。

更に、セブ・マクタン空港のフィリピン国内線は2020年3月17 日(火)より全て運行を停止しますので、乗り継ぎでセブ島に入ることもできません。事実上の入国拒否。

【夜間外出禁止令】

2020年4月14日まで、セブ市内に毎日午後8時から午前5時までの間の夜間外出禁止令が出ています。つまり、平日に語学学校から外出することはできません。

【授業再開した語学学校】

3月16日、セブ島の4校の語学学校が営業を再開→3月17日、政府より全てのESLスクール(語学学校)の授業停止せよとの発表あり。

現在、全ての語学学校が授業の提供を中止しています。ただし、留学生の生活は各語学学校が保障。生活する場所と食事は提供されています。

【休講決定した語学学校】

セブ島の語学学校全て。

※当社契約外の学校については不明。

休講は原則4月14日までと発表されていますが、延長となる可能性があります。情報が一日ごとに変わるので、現場は混乱しています。

【当社の方針】

最後に当社の方針です。

一部のエージェントや語学学校はもう既に積極的に集客を開始していますが、当社は「安全」なセブ島留学をご紹介したいと考えておりますので、6月以降のセブ島留学希望者のみご相談させていただけたらと考えております。4月と5月の留学をご希望されているお客様は、申し訳ございませんが他社のエージェントをご利用ください。

※夏休みの留学相談については、お気軽にお問い合わせください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報
  2. 親子留学・ジュニアキャンプ