セブ島留学まとめ

【当たり前じゃなかった!】出発前キャンセルで100%返金の語学学校まとめ

更新日:2020年3月26日
安心の写真

このブログでは、2020年3月のコロナショックでセブ島留学できなくなった人に向けて、いち早く100%返金をアナウンスした語学学校をまとめました。

何故なら、今回のコロナショックのような「留学できない」「帰国できない」「返金されない」など大きなトラブルに見舞われた場合、問題があった学校ばかり話題になり、良い対応をした語学学校の情報が広まらないからです。

※悪い噂はTwitterなどで確認できます。

もし返金がない語学学校に留学した場合、日本を出発することなく何十万円という大金をドブに捨てることになります。それは本当に酷い。一部返金で対応している語学学校もありますが、半額返金だとしても納得いきませんよね?

そこで、これからセブ島留学の学校選びとエージェント選びをされる方に向けて、いち早く100%返金をアナウンスした語学学校をまとめました。

渡航前100%返金のセブ島の語学学校リスト

SMEAGキャピタルのラウンジの写真

  返金額 アナウンス日
SMEAG 100%返金 3月14日(土)
PHILINTER 100%返金 3月16日(月)
CG 100%返金 3月17日(火)
C2 100%返金 3月17日(火)
TARGET 100%返金 3月18日(水)
CPILS 100%返金 3月19日(木)

※海外送金手数料など諸経費を差し引いた金額となります。

今回、いち早く対応したのがSMEAGです。学校閉鎖の決断の早さ、留学生への説明の迅速さ、帰国がスムーズに進んだのでエージェントとしては助かりました。おかげで当社のSMEAGへの留学生は、他の語学学校の留学生に比べて早く、しかも格安のフライトで帰国することができました。

もし、返金してもらえない場合はどうすればいいの?

返金の交渉は、直接語学学校に行うのではなくエージェント経由で行います。なので、コロナショック後はエージェント選びが学校選びと同じように大切になります。返金がスムーズに進まないエージェントもあるので、ご注意ください。

また、エージェントを通さずに語学学校にお申込みした場合も、返金はスムーズに行われない場合があります。何故なら、留学生は交渉のプロではないからです。それに対して、現地のスタッフは返金についての知識が豊富です。できたら、皆さんの代わりに交渉してくれるエージェントがいる方が安心ですね。

最後の手段は?

返金がスムーズに進まない場合は、「国民生活センター」「消費者センター」「法テラス」での相談ができるそうです(未確認)。ただし、セブ島はフィリピンの法律が適応される場合もあるので、100%の確率でお金が返ってくるとは限りません。

※当社は他社のお客様のが返金交渉は代行していません。ご了承ください。

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはこちら

あなたの状況に合わせて英語が身につく学校をご紹介します。

0422-24-6081

営業時間:年中無休午前11時~21時

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でセブ島留学サポートセンターをフォローしよう!

  1. 初めてのセブ島留学情報